アスペンテック/サプライチェーンプロセスの最適化システムを発売|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

アスペンテック/サプライチェーンプロセスの最適化システムを発売

アスペンテックaspenONE® V7最新リリース7.2を発表
最新機能とお客様からのフィードバックに基づくベストプラクティスを搭載


7.2リリースではプロセスの最適化をより迅速かつ容易に行えます

2010年7月15日日本東京発-?プロセス産業向けソフトウエアおよびサービスのリーディングプロバイダであるAspen Technology, Inc. (NASDAQ: AZPN)の日本法人である株式会社アスペンテックジャパンは本日、アスペンテック米国本社がaspenONEソフトウエア最新版7.2をリリースしたと発表しました。本リリースは、最新拡張機能とお客様からのフィードバックに基づくベストプラクティスを搭載し、エンジニアリング、製造実行管理・高度制御およびサプライチェーンプロセスの最適化をより迅速かつ容易に行えるようになります。最新機能は以下の通りです。


?エンジニアリング - 数千億円規模のメガプロジェクトが世界的に増加している点に着目、aspenONE® エンジニアリングソフトウエアでは新たな経済性評価機能を提供します。この機能により、大規模なオーナー企業とエンジニアリング企業が高精度な見積りを作成する期間を最大75%までと大幅に削減します。さらに、Aspen HYSYS® やAspen Plus® に統合されている経済性評価プログラム速度は最大4倍になっています。

??製造実行/管理・高度制御&最適化- 変化の激しい市場環境において、aspenONE高度制御(APC)では、製造企業がより短期間かつ容易に制御プログラムのメンテナンスや改善を実行でき、高度制御システムの性能向上効果を維持し続けることができます

? サプライチェーン- ガソリンブレンド規格の政府規制が益々厳しくなるにつれ、aspenONE プランニング&スケジューリングにより最適なブレンドのために適切なモデリングを行うことができます。利益率向上と品質改善においてこれは非常に重要な項目です。

? インフラストラクチャ - 新たなAspen Reporting Framework™ は製油所向けのオペレーショナルインテリジェンスを提供、より迅速により高い利益率を得られる意思決定を支援します。

これらの機能は、プロセス最適化のベストプラクティス標準を提供するaspenONE V7の画期的な最新機能群の一部です。その他、7.2リリース最新、拡張機能に関する詳細情報は、アスペンテックホームページhttp://www.aspentech.com/v7/v72_enhancements.cfm. でご確認頂けます。

補足引用
Manolis Kotzabasakis アスペンテクノロジー 販売・戦略担当上級副社長
「2008年9月に最初のリリースを開始して以来、1,000社以上のカスタマがaspenONE V7を採用し、収益性の向上やオペレーショナルエクセレンスを達成されています。 7.2リリースでは、お客様からの何百ものベストプラクティスを搭載しています。さらなる収益性の向上をめざし、エンジニアリング、製造実行/管理、高度制御、およびサプライチェーンに至るまで、お客様のプロセス最適化をより迅速かつ容易に行えるように支援しています。

関連資料
? About the 7.2 release of aspenONE V7
アスペンテックについて
アスペンテックはプロセスを最適化するソフトウエアを提供する業界のリーディング企業です。統合されたaspenONEソリューションにより、プロセス製造企業はエンジニアリング、製造、およびサプライチェーンにおけるオペレーションを最適化するためのベストプラクティスを達成できます。その結果、生産能力の拡大、利益向上、コスト削減およびエネルギー効率の改善をより良く行えます。業界最先端のプロセス製造企業がいかにアスペンテックを信頼しオペレーション・エクセレンスを実現しているかは、www.aspentech.comもしくはwww.aspentech.co.jpをご覧ください。