ファーストリテイリング/バングラディッシュのGRAMEEN Bankグループと合弁会社を設立|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

ファーストリテイリング/バングラディッシュのGRAMEEN Bankグループと合弁会社を設立

GRAMEEN Bankグループとの合弁会社設立に関するお知らせ



 株式会社ファーストリテイリングは、2010年9月に設立予定の子会社を通じてGRAMEEN Bankグループ、(バングラデシュ人民共和国)のGrameen Healthcare Trustとの合弁会社を設立することについて、合意いたしましたので、下記の通りお知らせいたします。





1.合弁会社設立の目的
 バングラデシュにおける社会的課題(貧困、衛生、教育など)を服の企画、生産、販売を通じて解決すること。


2.合弁会社の概要
 会社名:GRAMEEN UNIQLO Ltd.(仮称)
 所在地:バングラデシュ人民共和国 ダッカ
 役員構成:新田幸弘:Managing Director(株式会社ファーストリテイリングCSR部部長)
        金子裕爾:Chairman(株式会社ユニクロ バングラデシュ事務所所長)
        柳井 正:Director(株式会社ファーストリテイリング 代表取締役会長兼社長)
        辻本充宏:Director(株式会社ユニクロ バングラデシュ事務所リーダー)
        グラミンヘルスケアからも1名Directorを選任する予定です。
 主たる事業:バングラデシュにおける衣料の生産管理及び販売事業
 資本金:10万USドル(約900万円)
 出資比率:UNIQLO Social Business Bangladesh Ltd. 99%
        Grameen Healthcare Trust 1%


3.合弁会社が目指すこと
 バングラデシュは、繊維産業を中心した経済成長が見込まれている一方で、貧困・衛生・教育などの社会的課題が多く存在しております。当社はこれまで培ってきたSPAとしてのノウハウを活かし、品質を保持しながらも貧困層に購入可能な価格設定で衣料を企画・生産・販売いたします。同時に雇用を生み出すことで、バングラデシュの人々の生活改善をサポートしたいと考えております。
 GRAMEEN Bankグループの800万人におよぶ債務者のネットワークを用いて、貧困層の職業訓練に取り組み、対面による服の販売という新しい職業に就く機会を提供して参ります。初年度は、250名の雇用創出を目指し、3年後には1,500名まで増やすことを目標とします。



以上