日本郵船/グループの船員配乗会社が「プレジデンシャルアワード」受賞|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

日本郵船/グループの船員配乗会社が「プレジデンシャルアワード」受賞

当社グループの船員配乗会社が「プレジデンシャルアワード」受賞
?邦船社系としては唯一、フィリピン政府「雇用に多大な貢献」と?

2010年5月7日

 当社のグループ会社であるフィリピンのNYKフィル・シップマネジメント社(NYK-FIL SHIP MANAGEMENT, INC.)は、同国の海外派遣労働者の雇用拡大への継続的な貢献を評価され、4月21日、マニラ市内のマラカニアン宮殿にて、アロヨ大統領から「プレジデンシャルアワード」を受賞しました。

 同賞は、フィリピンのマンニング(船員配乗)会社の中で、フィリピン海外雇用庁から高い評価を得た会社に授与される「エクセレンスアワード」を、過去5年間連続して受賞した者だけに贈られる名誉ある賞です。エクセレンスアワードは、船員の配乗者数、会社の財務状況、雇用規制・法令の遵守状況、将来の海技者養成計画の内容などの基準において評価されます。今回、プレジデンシャルアワードを邦船社系のマンニング会社で受賞したのは、同社のみでした。
 
NYKフィル・シップマネジメント社は、当社グループが運航する船に乗務するフィリピン人船員の教育・育成・乗務管理を行っております。同社は、1989年の設立より、同国に適した船員教育・育成体制を確立し、安定的に当社に船員を派遣してきました。2010年3月末までに、約6,500名の船員が同社から当社グループに派遣されました。
 
当社は今後も、世界中で優秀な船員の育成・確保に全力をあげて傾注してまいります。
 
        NYKフィル・シップマネジメント社:
当社が当社のビジネスパートナーであるトランスナショナルダイバーシファイド グループと合弁で設立した船員配乗・訓練を業務とする会社。
 
        トランスナショナルダイバーシファイド グループ
1976年に現会長のデルガド氏(J.Roberto C.Delgado)が設立した企業グループで、船舶の代理店業と船員供給・教育事業に加えて、航空事業や物流事業を行う。当社とは、設立時の1976年から協力関係にあり、2007年には共同でフィリピンに商船大学(NYK-TDG Maritime Academy)を開校するなど、当社のフィリピンでのビジネスパートナーとして様々な事業で協働している。