日本郵船/フィリピン台風、サモア地震・津波、スマトラ島沖地震に対し災害被災地支援を決定|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

日本郵船/フィリピン台風、サモア地震・津波、スマトラ島沖地震に対し災害被災地支援を決定

当社、災害被災地支援を決定
〜フィリピン台風、サモア地震・津波、スマトラ島沖地震〜

当社は2009年9月26日のフィリピン台風、29日のサモア地震・津波、30日のインドネシア・スマトラ島沖地震で被災された方々への無償海上輸送支援と義援金を贈ることを決定しました。被災者の皆さまには心よりお見舞い申し上げます。一日も早い復興をお祈り致します。

当社グループは、被災地支援として特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォーム(※1)とともに「日本郵船グループJPF物資協働輸送プロジェクト」を2004年より立ち上げており、これらの災害についても同団体からの要請を受けて、被災地への救援物資の海上輸送協力を行う予定です。

また、当社グループ内で義援金の募集も開始し、集められた義援金については当社がマッチングギフト(※2)を行うことを決定しました。

被災地の中にはその後も災害に見舞われているところもあり、復興には長い時間がかかることも予想されていますが、このような支援活動を通して少しでも被災者のお役に立てることを願っています。

当社グループは、今後とも地球社会と共に生きる「良き企業市民」として積極的に社会に役立つ活動に取り組んでまいります。

※1 特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォーム
NGO、経済界、政府が対等なパートナーシップの下、三者一体となり、それぞれの特性・資源を生かし協力・連携して、難民発生時・自然災害時の緊急援助をより効率的かつ迅速におこなう国際人道支援機関。(www.japanplatform.org/top.html)

※2 マッチングギフト
社員が有志で福祉団体などに寄付を行う際、企業もそれと同等あるいは一定の割合を上乗せして寄付する制度。