物流ニュース、ロジスティクス情報通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

日本ペイント/物流および調色拠点の集約化

物流および調色拠点の集約化 日本ペイント大阪工場再生プラン

日本ペイント株式会社(本社:大阪市、社長:松浦 誠)は、本社隣接の大阪工場(大阪市北区大淀北)の生産活動を縮小し、2009年4月には生産機能を停止して、西地区の物流拠点および調色拠点に再生すべく、現在整備を行っています。

大阪市内淀川沿いに立地する大阪工場は1905年操業、第二次世界大戦では空襲により全焼するものの、戦後復興し西の生産拠点として長年当社の生産活動において重要な役割を果たしてきました。しかしながら、設備の老朽化や、都心を回避した他地区の工場への生産活動のシフトが進み、この度、生産拠点としての幕を閉じ、西地区の物流拠点へと生まれかわることとなりました。

これまで、当地域ではグループ会社ごとに在庫・物流対応を行ってきました。また、調色機能が各方面に分散するなど、物流動線における効率の悪さがありました。
これらを改善するべく、新物流センターは西日本地区のコア物流拠点として、物流の効率化をグループ一体となって取り組む体制に移行します。これにより、顧客利便性の向上を図るとともに、在庫・物流コスト削減や物流における地球温暖化対策を進めてまいります。また、新物流センターは、物流拠点に加え、調色拠点としても重要な役割を担います。
日本ペイントグループでは、日本ペイント販売が、2002年4月に枚方流通センター(大阪府枚方市)に初めて全自動調色機を導入し、2004月11月には関東流通センター(埼玉県南埼玉郡白岡町)、2007年7月には犬山流通センター(愛知県犬山市)、同9月に神奈川流通センター(神奈川県大和市)に順次導入して、「よい品をより早くお届けする」をコンセプトに、汎用塗料の全自動調色化による地域ごとの翌日納入(リージョナルファクトリーシステム)を積極的に推し進めてきました。
今回、枚方流通センターの調色機能を新物流センターに移行・強化を図るとともに、各方面に分散している調色機能を集約し、効率的な調色体制を築きます。また、工業用製品についても調色機能を集約するなど顧客対応力強化を行ってまいります。これにより、リードタイム短縮が実現し、お客さまによりタイムリーなデリバリーができるようになります。

なお、大阪工場の再生整備におきましては、地域の皆さまに、安全面・環境面でご迷惑を掛けないよう、積極的に対話とご説明をしながら進めております。

<日本ペイント 大阪物流センター(仮称)の概要>
施設名 : 日本ペイント 大阪物流センター(仮称)
住所 : 大阪市北区大淀北2−1−2
敷地面積 : 1.5万m2
常時在庫量 : 3,500トン
工事総工費 : 約25億円(予定)
稼動時期 : 2009年秋
特徴 : ・自動調色は工業用と汎用で、溶剤系・水系いずれも対応
・枚方調色センターや寝屋川事業所の物流センターなど関西圏の13カ所を統合
・センター設置によりトラック運送が集約され(13カ所体制と比較して)、環境にも配慮
・阪神高速道路福島入口が近いなど交通至便