ハブ・アンド・スポーク|物流用語辞典| 
TOP物流用語辞典は行:ハブ・アンド・スポーク

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※イー・ロジット流に、直感的に分かりやすい物流用語の解説に努めました。もし、物流用語の解説に、微妙な表現があれば、こちら
 さらに、英語も極力追記しているので、右の検索枠で、英語でも検索できます。

ハブ・アンド・スポーク

ハブ・アンド・スポークとは、直行便ばかりだと無数に航路が必要になるが、ハブ空港を設ければ、その航路が空港数−1で済むという考え方です。また、ハブは、車輪の真ん中の部分、スポークは真ん中と周りの車輪を繋げる部分を差す英語です。
「6箇所の空港を繋げば15本の航路がいるけど、そのうち1つをハブ空港にすれば、5本で済む」という論文を大学で書いたのは、フレッド・スミス(フェデックス創業者)です。
また、クロネコヤマトの宅急便の生みの親、故小倉昌男氏は、宅急便はこのハブ・アンド・スポークを参考にしたと書籍に記しています。それほど、輸送業界(貨物・旅客)に影響を与えている考え方です。
ハブ・アンド・スポーク: hub and spoke

この用語を見た人はこんな用語も見ています
ハブ&スポーク
はい作業主任者技能講習
ハンディーターミナル
スマートフォン
直流
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!

物流用語検索

イー・ロジットへの資料請求・お問合せ