採用|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

実際に現場で働く社員の紹介。

働きがい働きやすさの両立を仲間と一緒に。

先輩からのメッセージ

物流現場社員

物流現場社員
濱田 健太

今年の4月で4年目になります。現場リーダーとして現場の段取り決めやお客様との調整をしていましたが、去年の2月に瑞江センターの責任者になりました。そして昨年の10月からは新しくできた八潮センターで、現場チームのマネジメントやセンターの運営に関する指揮をしています。

実は昨年11月に第二子が生まれまして、家族を守っていかなかきゃという思いも強くなりました。今は八潮センターが立ち上がり当初ということで忙しさがありますが、子供の生まれるタイミングでは新潟の病院まで行けたり、子供の行事に合わせて休んだりといったところは出来てますね。

前職でも倉庫業に近いことをしていて物流関係は見ていましたが、当社は「やる気」に対する評価がしっかりあるのがいいですね。「やる気」を出して仕事をしていれば、それが報われます。スタッフの年齢層が若いこともその理由かも知れないですが。僕としても、八潮センターの売上を別のセンターに負けないくらい伸ばしていくぞという思いで、作業の効率化などできることをしていきたいです。

当社で働く中では、「何かを変える」ことの重要性を感じ、そのために行動できるようになりました。環境や人を変えることがときに必要になるし、そのために自分自身も変える必要があるという実感があります。社内では期末の社長面談の機会や、現場での問題・課題を上長に相談する機会がありあますが、そういった機会でのアドバイスと現場での実戦を通じて体得してきたように思いますね。実は私はかなりネガティブな人間なのですが、環境のおかげで働く姿勢も変わってきました。

また当社に入社する前はパソコンに触ったこともなかったですし、社外とのやりとりもしたことがありませんでした。それが働いていく中での経験を通じて、かなり出来るようになりましたね。当社は業務内容が幅広くて、現場担当業務だけとかクライアント対応業務だけということがないので、顧客対応を行いつつ現場スタッフともやりとりをしていく中で、どんどん成長していると思います。

パート

パート
青山 いずみ

元々派遣社員として当社で働いていましたが、パートのほうが午前出社・午後出社のような時間の融通が効いたり、交通費の手当てがしっかりしていて、いいなと思うようになりました。でもそんな簡単にパートに変われるのかなと思って、パートの方に相談してみたのです。そしたら、とっても簡単だと分かりました。それから3年ほどパートとして、入庫・ピッキング・検品・梱包や荷主さん対応をしています。

派遣のときは決まった時間だけ働くという少し冷めた考えでしたが、パートになってからは考え方が少し前向きになって、チームの人たちとの付き合いも増えましたね。そしたら、効率のいい仕事の進め方を教えてくれる方、お母さんのように悩み相談に乗ってくれる方、テンパっていると声をかけてくれる人と、魅力的でいい人たちが多い職場なんだと実感するようになりました。

当社はとにかく「改善」を大事にするところもいいですね。現場で働いている人が、改善したいと思ったポイントがあれば、チームの人と相談して改善すべきか率直に話し合い、合意すればすぐ改善に動き出せます。そして改善の中身や提案回数によって、社内で表彰する仕組みもできました。今回私は、ピッキング効率化のための改善提案で中身に関して優秀提案賞をいただき、さらに改善提案の数でも準優秀賞をいただけました。嬉しいですね。

今やりたいことがない人にはおススメできる職場ですよ。いろいろな仕事をしていく中で、こういう仕事も面白いなぁと思える仕事に出会えます。

2016年 新年会