通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット

多種多様なご要望を包括したハイテク倉庫!

イー・ロジットの倉庫は、ASP在庫管理システムと連動し、人為的ミスの発生を極限まで抑えたハイテク倉庫です。ここでは、あらゆる要望にお応えするため様々な作業を行える倉庫をご紹介をいたします。

大型フルフィルメントセンターの開設。 立地にも波動対応を意識しています。

物流センターは湾岸沿いや幹線道路沿いに多くある印象ですが、我々はあえて住宅街を選択しています。それは、物流作業の主役は現場スタッフでありその現場スタッフの多くをパートスタッフが占めているからです。

パートスタッフに安定的に長期稼働頂く事により、品質を確保出来る事はもちろんですが、必要な時に必要なスタッフを確保する上でも、住宅街にセンターがある事が望ましいのです。

直接契約をしているスタッフ数も多いですが、スタッフの都合に合わせてシフト性を敷き 作業のコアタイムには人数も厚くする事により、出荷の波動に対応しています。

ご委託社数、No1! お客様からもご満足いただけています。

センター内では、セクション制を敷いており、日々セクション単位にて作業をおこなっています。
アパレルに強い部隊、健康食品に強い部隊といったように、セクション毎に特徴をもっている事により複合的なセンター運営を可能としています。

スタッフ全員が、お客様の為に、出荷を遅らせないように、といった同じ意識で同じ方向を向いて業務にあたっています。お客様の商材によって、その時期は異なりますが、繁忙期についても、センター一丸となりセクションの壁を越え出荷作業を円滑に対応しています。

また、現場作業スタッフ以外にも、別部門のスタッフも繁忙期には現場作業を優先して出荷作業を手伝う姿を見る事が出来ます。
センター内の作業を標準化する事により、普段自分が担当しているエリアとは異なるエリアへの応援をする際も、違和感なく作業に取り組む事が可能です。

もちろん、お客様毎に異なる決められたルールが存在しますので、担当外のエリアの手伝い時にはロープレを徹底し、ミスする事なく作業を行います。

センターも東京と埼玉という事で、立地的に近く、どちらかのセンターが 忙しい時にはもう一方のセンターから応援を出したり、又は商品ごと移動させもう一方のセンターで作業を巻き取るといった応援体制を敷いています。

倉庫施設ご紹介/東京フルフィルメントセンター

イー・ロジットのセンターはフルフィルメントセンターです。物流機能だけではなく、皆様のEC事業をサポートする様々な機能を有した万能型センターです!

東京フルフィルメントセンター設備

庫内セキュリティーカード入退社完備 、免振対策、
各種資格取得(医療機器製造業、化粧品製造業、医薬部外品製造業)、ISMS取得

スポット対応エリア

母の日や父の日、クリスマスなど、繁忙期のみ出荷作業をスポットにてご委託頂くケースがあります。多くが大きな規模でのご委託となり、事前のセット組作業などで広いスペースを必要としていますので、その為のエリアをご用意しています。
簡易的な作業台を準備する事により、お客様の規模に応じて、エリアの切り分けが可能です。

雑貨保管エリア

雑貨もアパレル同様に、非常に多くの商品を扱っているケースが多いです。お客様によっては高額なフィギュアなども扱われており、化粧箱も含めて商品として扱う必要がありますので、慎重に保管・梱包を致しております。
また、小さい物から大きい物まで様々なサイズの商品がありますので、保管方法や梱包時の資材選定など、他の商材にはないような工夫もしています。

その他商材保管エリア

こちらに記載している商材以外にも、色々な商材の取扱を行っています。アーティストグッズやキャラクターグッズ、家電、カー用品、宝飾品など、冷凍・冷蔵以外の商材であれば、一通りの経験を有しています。
商材に応じて必要となる対応も異なりますので、特性に合わせて保管・運用方法を設計しています。

カスタマー室

カスタマーサポート、受注処理の代行をするオペレーターが常駐している部屋です。メールや電話でのお問合せの対応を行ったり、ショッピングカートに入ってきた注文データの処理業務を行っています。
商品保管エリアとカスタマー室が併設されている事により、商品についての質問に対して、実物を確認しながらの返答が出来たり、注文の修正・キャンセルの連絡についても、即時反映させる事が可能です。

アパレル保管エリア

アパレルを扱っているお客様は、多くの商品を取り扱ってケースが多いです。中でも、同一品番・同一カラーのサイズ違いはとても間違いやすく、サイズ違いについては、同じ保管箱に入れないなど、細かな運用ルールを設定し、ピッキング効率をあげています。
また、メーカー返品や撮影移動など、他の商材に比べて、商品の移動頻度が高いのもアパレル商材の特徴です。

システム室

弊社のWMSのメンテナンス、カスタマイズを処理しているエンジニアが常駐しています。
エンジニアが社内にいる事により、システムのカスタマイズを安価で請け負う事が出来、ま、システム面のトラブルについても、迅速に対応する事を可能にしています。

撮影スタジオ

アパレル保管エリアに、撮影スタジオを併設しています。新商品が入庫されたら、撮影移動指示が入り、保管エリアから撮影スタジオへと商品が即時移動してきます。
撮影レーンは最大4レーンを確保しており、その日の撮影規模によって、稼働レーン数を変動しています。スタジオでプロのカメラマンが商品を撮影している傍らで、弊社スタッフが商品のクオリティ情報の収集や、採寸作業をおこなっています。

健康食品保管エリア

健康食品には、賞味期限がありますので、保管については賞味期限を意識した保管となります。同一商品であっても、賞味期限が異なっていれば異なるアドレスに保管する事により、誤った賞味期限の商品が出荷される事を防いでいます。
また、フロアには空調設備も完備しており、極端に室温が高くなり過ぎないようにしています。

医療機器保管エリア

コンタクトレンズの保管については、医療機器の製造業に則り、国へのエリアの申請をしています。ビニールカーテンでエリアを仕切り、エリアを明確にしています。
また、こちらのエリアでは、コンタクトレンズの状態を目視確認し、不良品を弾くといった出荷判定もしています。購入者様に対して、不良品が発送されないよう、厳密な審査が必要です。

事務所

各センターの心臓部です。
お客様から頂いた注文データは、個人情報が含まれますので、取扱には非常に気を付けています。Pマーク、ISMSといった情報管理の資格を取得し、事務所にもカードキーでの施錠を行い、入室者の制限をかけています。
また、日々発生するお客様との、メール・電話でのやりとりについても事務所内で行い、情報の漏えいを防いでいます。

荷受け・荷渡しエリア

物流委託を頂いているお客様の商品が、毎朝大量にセンターに着荷します。その商品を捌いているのが、荷受けエリアです。小型商品から大型商品まで、様々な商品を電動型フォークリフトを用いて、荷捌きしています。
夕方には、その日出荷分の荷物がこちらのエリアに集まり集荷効率を上げるために各方面毎にまとめた荷物を、運送会社さんに引き渡します。

返品室

弊社のセンターから出荷された荷物で、長期不在・受取拒否などが発生した場合は、全て発点である弊社センターに返品されます。返品されてきた荷物は、返品室にて処理をしています。 戻ってきた荷物の状態を確認し、事前にお客様と取り決めた基準に沿って、良品・不良品の振り分け検品を行います。確認した返品情報はすぐにお客様に報告を行い、返品商品については、元々あった保管エリアに戻します。

東京フルフィルメントセンター概要

保管面積
3,500坪 (5階建)
1階:800坪/3階:900坪/4階:900坪/5階:900坪
対応車両
コンテナ40フィートまで(屋根付きヤードにより雨天積み込み可能)
トラック受入れ車両台数
10台
温度帯
常温保管 (空調設備有り)、一部定温保管
取扱品目
【多品種小ロットの細やかなものから、パレット積みまでオールマイティに対応】 アパレル、雑貨、アーティストグッズ、化粧品、健康食品、コンタクトレンズ、家庭用品、ペット用品、アクセサリー、CD、DVD、書籍、玩具、キャラクターグッズ、靴、かばん、カレンダー、スケジュール帳、お菓子など

埼玉フルフィルメントセンター

庫内セキュリティーカード入退社完備 、免振対策、警備員あり 、ISMS取得、延焼防止設備

雑貨保管エリア

雑貨もアパレル同様に、非常に多くの商品を扱っているケースが多いです。お客様によっては高額なフィギュアなども扱われており、化粧箱も含めて商品として扱う必要がありますので、慎重に保管・梱包を致しております。
また、小さい物から大きい物まで様々なサイズの商品がありますので、保管方法や梱包時の資材選定など、他の商材にはないような工夫もしています。

スポット対応エリア

母の日や父の日、クリスマスなど、繁忙期のみ出荷作業をスポットにてご委託頂くケースがあります。多くが大きな規模でのご委託となり、事前のセット組作業などで広いスペースを必要としていますので、その為のエリアをご用意しています。
簡易的な作業台を準備する事により、お客様の規模に応じて、エリアの切り分けが可能です。

その他商材保管エリア

こちらに記載している商材以外にも、色々な商材の取扱を行っています。アーティストグッズやキャラクターグッズ、家電、カー用品、宝飾品など、冷凍・冷蔵以外の商材であれば、一通りの経験を有しています。
商材に応じて必要となる対応も異なりますので、特性に合わせて保管・運用方法を設計しています。

アパレル保管エリア

アパレルを扱っているお客様は、多くの商品を取り扱ってケースが多いです。中でも、同一品番・同一カラーのサイズ違いはとても間違いやすく、サイズ違いについては、同じ保管箱に入れないなど、細かな運用ルールを設定し、ピッキング効率をあげています。
また、メーカー返品や撮影移動など、他の商材に比べて、商品の移動頻度が高いのもアパレル商材の特徴です。

健康食品保管エリア

健康食品には、賞味期限がありますので、保管については賞味期限を意識した保管となります。同一商品であっても、賞味期限が異なっていれば異なるアドレスに保管する事により、誤った賞味期限の商品が出荷される事を防いでいます。
また、フロアには空調設備も完備しており、極端に室温が高くなり過ぎないようにしています。

定温保管エリア

温度管理が必要な商品については、定温保管エリアをご用意しています。20℃前後にて空調管理する事により、温度の変動に弱い商品の保管を可能としています。

撮影スタジオ

アパレル保管エリアに、撮影スタジオを併設しています。新商品が入庫されたら、撮影移動指示が入り、保管エリアから撮影スタジオへと商品が即時移動してきます。
撮影レーンは最大4レーンを確保しており、その日の撮影規模によって、稼働レーン数を変動しています。スタジオでプロのカメラマンが商品を撮影している傍らで、弊社スタッフが商品のクオリティ情報の収集や、採寸作業をおこなっています。

荷受け・荷渡しエリア

物流委託を頂いているお客様の商品が、毎朝大量にセンターに着荷します。その商品を捌いているのが、荷受けエリアです。小型商品から大型商品まで、様々な商品を電動型フォークリフトを用いて、荷捌きしています。
夕方には、その日出荷分の荷物がこちらのエリアに集まり集荷効率を上げるために各方面毎にまとめた荷物を、運送会社さんに引き渡します。

返品室

弊社のセンターから出荷された荷物で、長期不在・受取拒否などが発生した場合は、全て発点である弊社センターに返品されます。返品されてきた荷物は、返品室にて処理をしています。 戻ってきた荷物の状態を確認し、事前にお客様と取り決めた基準に沿って、良品・不良品の振り分け検品を行います。確認した返品情報はすぐにお客様に報告を行い、返品商品については、元々あった保管エリアに戻します。

事務所

各センターの心臓部です。
お客様から頂いた注文データは、個人情報が含まれますので、取扱には非常に気を付けています。Pマーク、ISMSといった情報管理の資格を取得し、事務所にもカードキーでの施錠を行い、入室者の制限をかけています。
また、日々発生するお客様との、メール・電話でのやりとりについても事務所内で行い、情報の漏えいを防いでいます。

埼玉フルフィルメントセンター概要

保管面積
約9,000坪 (4階建)
1階:2,000坪  3階:3,000坪  4階:4,000坪
対応車両
コンテナ40フィートまで(バースが倉庫内の為、雨天積み込み可能)
トラック受入れ車両台数
26台(イー・ロジット占有部分)
温度帯
常温保管 (空調設備あり)、一部定温保管
取扱品目
【多品種小ロットの細やかなものから、パレット積みまでオールマイティに対応】 アパレル、雑貨、アーティストグッズ、化粧品、健康食品、コンタクトレンズ、家庭用品、ペット用品、アクセサリー、CD、DVD、書籍、玩具、キャラクターグッズ、靴、かばん、カレンダー、スケジュール帳、 お菓子など

その他の特徴

イー・ロジットのセンターはフルフィルメントセンターです。物流機能だけではなく、皆様のEC事業をサポートする様々な機能を有した万能型センターです!

改善提案活動

当社では、スタッフが日々の業務の中で感じた改善の提案を広く募集しています。管理者クラスでは目の届かないような細かな内容も、実際に作業をしているスタッフから提案があがってきます。常に「更によくなる方法はないか」と考えながら作業をする事により、お客様の利益(出荷精度)、自社の利益(作業効率化)に繋がっています。

⇒品質や生産性、業務改善のアイデアがボトムアップ方式に汲み上げています!

品質へのこだわり

物流作業は、出来て当たり前の業務です。ただ、物流代行を生業としている会社の中にも、その当たり前の事が出来ていない会社もあります。当社では、社員教育に力を入れると共に、ロープレの徹底や作業マニュアルの作成などを通じて、物流品質をあげるにはどうしたらよいかを考え、愚直に取り組んでいます。

⇒出荷品質・保管品質・作業品質・対応品質(荷主対応)、いずれの品質も大事にしています。

倉庫見学のお申し込みはこちらへ