物流、ロジスティクスなどの物流最大メルマガ「物流話」|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット
TOP物流メルマガ(物流話):【物流話249】「航空貨物の取り扱いからグローバルな輸送品質を考える?」

物流話(メールマガジン)

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【物流話249】「航空貨物の取り扱いからグローバルな輸送品質を考える?」

━━━━vol.249━ ■『ロジスティクス思考的経営話(物流話)』powered by e-LogiT ■ ――――――――― こんにちは!編集部の清水です。 昨日もお客様の物流現場に入り込んでおりましたが、 雨の日も風の日も、蒸し暑い日も現場で働く物流現場の仲間の 頑張る姿に、もっと環境改善も図って行けたらな~と 色々考えてしまいます。 デスクの上のクリップファンなどをみると、風通しの良くない 現場なんだろうなー。何か涼しくする工夫はできないかなーとか。 今年の夏場は、暑くなりそうだから、休憩時間やシフトも 考えないとなー、なんて、働く人に優しい現場づくりを 今年もクラブ会員の皆様の現場で一緒に考えたいと 思っています。 さて、6月は、イー・ロジットクラブでは、アメリカではDART様、 UPSワールドポート様、Amazon様と物流センターを見学して 参りました。アメリカならではのダイナミックな物流から多くの 気付きを得てきました。 そして7月は、日本では、キタムラ様、ディノス・ セシール様と物流センター見学会と施設見学三昧ですね。 他社の物流センターから良い点を学び取って、自社の改善に 活かすことがイー・ロジットクラブの一つの目的です! 多くの物流現場の改善が進まないのは、やはり他社の 物流センターを見に行っていないからだと思います。 私も年間で100も200も物流センターを視察しますが、 一つとして同じ物流センターはありません! また、簡単に真似できるものではありません。 なぜなら、物流センターは地域とともに育つからです。 そこで日々働く人が時間をかけて、物流の現場のオペレーションを 紡いでいくので、そう簡単に真似できないのです。 だから、本当は、業種業態が同じだとしてもお互いに 物流センターを見せ合って、切磋琢磨して、物流現場をもっと 良くして行くべきだと私は考えます。 もし、イー・ロジットクラブで他社の物流センターから学びたい 方はぜひ、施設見学会にご参加下さい!! お待ちいたしております!! キタムラさん、ディノス・セシールさんの物流センターは 素晴らしい学びがありますよ!! ◆今月のオススメ施設見学会!!◆ ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~ ★西日本【物流施設見学会】  前泊情報交換会&キタムラ様高松物流センター  ディノス・セシール様志度ロジスティクスセンター ●日時 1日目:情報交換会2016年7月25日(月)18:00集合     2日目:2016年7月26日(火)9:00集合・出発~16:30頃解散 ●見学会費用: <クラブ会員>1口1名無料(税込)        1口2人目から10,000円(税込)/名 <非 会 員>25,000円/名(税込) ※費用に含まれるもの:26日のJR高松駅~見学会場への往復バス代 ●情報交換会参加費:5,000円/人 ●お申込み:http://www.e-logit.com/seminar/20160726m.php ※見学先情報!!  1.オムニチャネル戦略でネットと店舗の融合で販売数を   着実に伸ばしている企業「株式会社キタムラ様」です。   キタムラ様では、特徴のある朝礼に参加するため、   朝早く集合致します!!   キタムラ様は、実際のEC事業部が行う物流現場を見学致します。  2.フジ・サンケイグループとして更なる販路拡大に力を入れている  「株式会社ディノス・セシール様」で、今回はセシール事業の   ロジスティクスセンターを見学致します。   JIS以外にも高度な独自品質基準を持ち、生地から製品だけでなく、   物流の隅々まで徹底した商品管理が行われています。   センターは敷地面積5万坪で東京ドームの約3倍という、   広大な広さを有しています。 ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~ 〇―〇―〇 ■今回の物流話 「航空貨物の取り扱いからグローバルな輸送品質を考える?」  ~物流の継ぎ目、継ぎ目で商品は、破損していく~ 株式会社イー・ロジット コンサルタント 教育責任者 清水 一成 さて、先週のイー・ロジットクラブでの米国ツアーにて、シカゴから ルイビルへ預けた参加者のスーツケースが到着地にて見事に 破損していた。 私のスーツケースも、帰国して家に帰って気がついたのですが、 見事に車輪が破損していました。 そこで、航空会社の対応マニュアルを見ると、 壊れやすいところ(タイヤや手で持つ所など)は、全て補償対象外に なっていましたー。残念と思ったのですが、 数年前に、中身を頑丈に守るリモワのスーツケース を貯金して買ったのですが、5年保証がついていて 無償対応で修理してくれるのを思い出して一安心しました。 こういう時に、物流的に興味もあって、 各航空会社のホームページなど覗いてみるのですが、 運送約款に基づいた対応を行っています。 各航空会社のHPには、手荷物の補償に関して掲載されているのですが 基本としては、壊れたという証明書はだしてくれるのですが、 自分で入っている保険で対応してくださいと・・・ 保険がおりるかは、保険会社の判断であると・・・ その他、過重量や軽微破損(ヘコミや傷、汚れ等)は、航空会社は免責と することがほとんどなんですよね。 ほんと、海外に出ると荷物がロスバケしたり、盗難にあったり、 壊れたりが日常茶飯事のように起こっています。ネットにも記事が たくさん溢れています。 20年前に海外に出た時とあまり変わってないなーと感じます。 アメリカでは特に荷物がなくなるのですが、そもそも日本で荷物を 預けた際の日本の航空会社がくれる荷札と 荷物を照合することなんて一切ない。ほんとにいい加減だなーと思います。 今回のような物流事故に遭遇すると、やはり、物流の継ぎ目、継ぎ目で いろんな事故が発生するのが本当によくわかります。 実際に自分の荷物をよく見ていると、ぶん投げてコンベアに投げている ヨーロッパやアジアの空港もありましたし、日本の空港ほど丁寧なところは ないな~と痛感させられます。 上海の空港では、スーツケースをラップでぐるぐる巻きにしているのを 見ると確かに必要だよなーなんて、すごく頷けますね。 でも、世の中の物流のスピードが増す中で、急いで急いで荷物を積んで 降ろしてとなると、当然荷扱いは荒くなり、とりあえず積み込み、 とりあえず時間までにおろしゃーいいだろうとなるはずである。 また、荷物を積み込んだり、働く人の賃金の安さも問題なのだろうかと 思います。世界の、物流に携わる仕事は、まだまだ日本の物流業界で 働く人の2分の1程度の国も多いのではないかと思うと、 当然、荷扱いも荒くなるだろうことは皆さんもご理解いただけるかと 思います。 日本の物流は世界でもまれに見る精度や品質を求めているが 最近の梱包された箱のほんの少しの角の潰れやスレた汚れでも クレームになるのを見ると、何を基準に輸送品質を考えるのか わからなくなります。 今の時代、日本では、どこにいても本当に良い輸送品質で良い状態の 商品が手元に届くが、これから、アジア圏、北米、ヨーロッパなど 生産年齢人口の多い地域に物を運んで商売をして行かなくては ならない、日本において、今一度、グローバルな輸送品質を 私は考えてみたいと思いました。 これからの日本を支えていく、若い人にはアジアや欧米など どんどん外に出て、物流をグローバル視点で考えてもらえたらと 思います。 これから、夏休みも近く、沢木耕太郎さんの深夜特急でも 読んで、韓国発券の安いチケットやユーレイルパスなど手配して まだ見ぬ、アジアの国々、ユーラシア大陸に足を伸ばして バングラデシュ、カンボジア、ラオス、ミャンマー、 ベトナム、や日本で人気の北欧などまだ見ぬ土地に足を 踏み入れるのも楽しいかと思います。 最後に、今年GWに行ったミャンマーの国内線の空港では、 トーイングトラクターが本物の畑で使うトラクターを使っているのには、 驚かされました。何でもありだと・・・ まだまだ、私もいろんな視点から学び直しが 必要です。もっともっと色んな物を見る好奇心を失ってはいけないなと! 明後日の、物流初級者講座で今年入社の若者と初心に帰って 楽しく学び直しですね。 [セミナー情報] 07月29日■東京【セミナー】第10期 物流改善研究会(第1回目) http://www.e-logit.com/seminar/20160729s.php 07月27日■東京【特別セミナー】営業提案力をUPしたい担当者様必見! お客様の心にささる物流提案講座 http://www.e-logit.com/seminar/20160727m.php 07月26日■西日本【物流施設見学会】前泊情報交換会&キタムラ様 高松物流センター/ディノス・セシール様志度ロジスティクスセンター http://www.e-logit.com/seminar/20160726m.php 07月23日■東京【セミナー】 (第3回目 ※1回ごとの参加申込) 第7期 物流現場リーダー育成講座【JAVADA認定】 ロジスティクス・オペレーション3級資格取得講座 http://www.e-logit.com/seminar/20160723s.php 07月15日■東京【セミナー】※満員御礼 (6月10日以降のFAX申込も受付できません!)  『梱包・包装改善を基礎から学ぶ』 ~梱包・包装改善は、売上を上げ、お客様満足度を上げる~ http://www.e-logit.com/seminar/20160715s.php 07月14日■東京【セミナー】※満員御礼!! (6月10日以降のFAX申込も受付できません!)  第9回「物流改善の進め方」丸1日研修 ~物流改善の極意を学ぶ~ http://www.e-logit.com/seminar/20160714s.php 07月14日■大阪【セミナー】 「物流改善の進め方」丸1日研修 ~多様な物流改善手法を学ぶ~ http://www.e-logit.com/seminar/20160714m.php 07月09日■福井【企業研修】 『第2回目 物流改善の進め方 ~改善技法・物流現場のモチベーションUP手法など~』 http://www.e-logit.com/seminar/.php 07月09日■福井【企業研修】 『第2回目 物流現場改善の具体策を学ぶ!!』 http://www.e-logit.com/seminar/20160709s.php 06月25日■東京【セミナー】 (第2回目 ※1回毎参加申込)第7期 物流現場リーダー育成講座 【JAVADA認定】ロジスティクス・オペレーション3級資格取得講座 http://www.e-logit.com/seminar/20160625s.php 06月24日■大阪【JAVADA認定/物流講座】 関西第3期 物流マネージャー育成講座<公的資格:ロジスティクス管理3級レベル> http://www.e-logit.com/seminar/20160624m.php 06月23日■東京【セミナー】 (※満員御礼)図解でわかりやすい!!物流初級者講座【丸1日研修】 http://www.e-logit.com/seminar/20160623s.php 06月22日■東京【特別セミナー】 人も会社も見違えるように変わる『5S活動の実践法』 http://www.e-logit.com/seminar/20160622m.php ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 株式会社イー・ロジット 東京TEL:03-5825-1720 大阪TEL:06-4308-8977 ●ツイッター(NEWSのみ): http://twitter.com/e_logit ●無料配信登録: http://www.e-logit.com/loginews/#regist    ★携帯版(好評「1日1語」あり)への配信登録も出来ます ◇ あなたの会社のニュースリリースをお送り下さい。   宛先: newsre1ease@e-logit.com   件名:「掲載希望」   ※選考の上、登録配信します。 ◇ 発行者のイー・ロジットの事業内容:   「社員研修・セミナー講師」「物流コンサルティング」   「物流システム導入支援」「通販物流代行」 ◇ 発行書籍:『図解よくわかる物流のすべて』『物流改善の進め方』    『通勤大学実践MBA 戦略物流』『トコトンやさしい戦略物流の本』    『よくわかるIT物流』(日本、中国、韓国、台湾) ◇ 配信先変更→ http://www.e-logit.com/loginews/stop.php#3   配信解除→ http://www.mag2.com/m/0000015334.htm   ご意見・ご感想→ magazine@e-logit.com ◇ 著作権情報  著作権は株式会社イー・ロジット、またはその情報提供者に帰属する  ため、許可なしに掲載記事の有料販売を行うことなどを禁じます。  但し無料の社内メール、会議資料としての利用は問題ありません。  「イー・ロジット」「e-LogiT.com」は、登録商標です。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Copyright(C)2000-2016 e-LogiT co.,ltd. All Rights Reserved.

最新の記事

前後の記事

物流話(メールマガジン)

バックナンバー
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!

イー・ロジットへの資料請求・お問合せ