物流、ロジスティクスなどの物流最大メルマガ「物流話」|通販物流代行・物流コンサルティング・社員教育のイー・ロジット
TOP物流メルマガ(物流話):【物流話217】「効果の出る物流人材の年間教育計画!!(後編)」

物流話(メールマガジン)

mixiチェック

【物流話217】「効果の出る物流人材の年間教育計画!!(後編)」

━━━━vol.217 ━
■『ロジスティクス思考的経営話(物流話)』powered by e-LogiT ■
―――――――――

こんにちは!編集部の清水です。

今年も12月の終わりに近づきました。皆さんにとって今年は
きっと、良いことがたくさんあった年だと思います!!

私は、今年は北海道から九州まで飛び回った年でしたが、
たくさんの物流現場の皆さんにお会いすることができて
楽しかったです。

たくさんの人に出会うことが一番の学びでもあるかもしれません。

さて、年末年始と物流は忙しく動く時期ですが、大きな事故など
ないよう、今一度、現場の安全確認と危険箇所の情報共有を
図りたいものです。

さぁー、今年の残りの仕事を気を引き締めて乗り切って
行きましょう!!


●今年最後のオススメのセミナー
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

■セミナー名:『無料物流人材育成セミナー』
        ~来年度の物流人財教育計画策定のヒント~

■開催日:2014年12月19日(金)
  
■開催時間:16:30~18:00

■開催場所:イー・ロジット東京セミナールーム
      台東区東上野4-26-6 
      JR上野駅 入谷口徒歩6分 
      東京メトロ銀座線上野駅 徒歩5分
■地 図:http://www.e-logit.com/company/map-tokyo-sr.php

■参加費:無料【1社2名まで】

■参加者プレゼント:非売品最新セミナー講義CD(10,000円相当)
          非売品最新セミナーテキスト(3,000円相当)

■お申込先HP:http://www.e-logit.com/seminar/20141126s.php

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

〇―〇―〇
■今回の物流話

「効果の出る物流人材の年間教育計画!!(後編)」

株式会社イー・ロジット コンサルタント 教育責任者 清水 一成


話は変わって、ここ数年、団塊ジュニアの
2代目、3代目の経営者が増えています。その経営者の特徴として、
物流が嫌いというか、好きではない経営者も多いのが実情です。

物流は大事だと言いながら、本社の
経営企画やプロモーションやマーケティングなど
華やかな部門は好きなので、
そっちの部門の人を一生懸命育てていても、

物流となると現場に顔をほとんど出さず、
物流の人材教育をしていない経営者も多いです。

本社は、基本的にお金を生み出しません!!

強い物流現場があるからこそ、売上が上がるのです。
宣伝費を抑え、本社の人数を最小限にとどめて、
現場の強化を図らないとどうなるかというと、売上に対する物流費が
ドンドン上がってしまい利益を垂れ流してしまうのです。

現在、ドライバー不足、物流現場の人手不足などにより、
運送費、物流費などが上がっています。
今後どうやって、現場を運営したらいいんだろう。
経営者の悩みはつきないですね。
資金繰り、人材難、増税とトリプルパンチです。

ただ、こういう大変な時期を乗り越えるには、
人の知恵を集めるしかないですよね。

いまこそ、物流現場の人財育成をして、
現場のみんなで知恵を出し合い、
『物流にかかるコストを削減する』だけでなく、
『物流で利益を出す仕組みを作り出す』ことを
真剣に考える時期に来ているのではないかと私は考えます。

それじゃー、うちの現場の物流の教育を始めようかと
蓋を開けてみると、呆然・・・

10年以上も現場教育もなく、ほったらかしで、
部下を持たないまま
10年も現場にいただけの名ばかり
係長、課長、部長が多いのが実態です。

新人や、中途で入社して来た人に
どんな教育してきたの?って聞いてみたら、
現場で見よう見まねで、実地で学んだもらうだけですよ~(笑)
これまで何とかなってますから~(笑)

しかし、現場は荒れ果て、離職率が高く、穴の空いた鍋のように
10年間ほとんど人が定着していない現場もたくさんあります。

そこで、定着率のよい現場では、
清水さん、どんな教育しているの?どれくらいお金をかけているのか?
どんな物流人材教育をしているのか?
というお話になるわけです。

正直な所、これまでの8年ほどの間に、
教育をするご縁をいただいた先の
教育プランは、全てオーダーメイドです!!

物流と言っても、食品、アパレル、製造メーカー、
通販、冷凍・冷蔵、卸など業種業態が様々です。

また、現場によっては、人材も年齢も多用で、
中卒、高卒、大卒、院卒、物流経験のある中途採用者、

物流未経験の中途採用者、外国人(ベトナム・ミャンマー、
ブラジル、中国、フィリピンetc)
となると、ベストな教育プランの答えなんて出せないですよね。

階層別教育とは、一般企業では通用しますが、物流業界で階層別
教育は、私なりには、難しいと思います。
年齢層によるひずみが大きいからです。

そうなると、経営者、教育担当者、現場のリーダーの
方々との二人三脚であーでもない、こーでもないと思案しながら、
これまで各社ごとに3年間の教育プランを修正、
修正しながら作っていくしかなかったのが実状です。

本屋さんにも、参考になるものはないかと探しましたが、
ほとんど見当たらず・・・

物流の概論や管理の一般論についての良書はたくさんあるのですが、
残念なことに物流現場を経験したことのない人が
書いているものも多いので、どうも絵も図も少なく
リアルな感じがしないというか・・・

また、物流現場の人に教えるには内容が専門用語が
多くて難しすぎるのではないかと私は思います。

マテハンって何?KPIって何?って感じです。

また、文字ばっかりで絵や漫画もないので、
ガントリクレーンって何?ゴトコンって何ですか?って感じで、
ほんとに、写真や映像がないと理解が難しい内容が多いので、
テキストを作るのに苦労しました。

物流や運送の現場で働く人は、日々、現場で動き回っているので、
体を動かすのは大好きです。
でも、机に座って1日授業を聞くのは苦手です。

授業のテキストは、絵やイラスト、
漫画が入っているものが大好きです。
でも難しい理論や言葉は苦手です。

ま、そもそも勉強は大の苦手な人が多いのです。

たばこもすぐ吸いたくなるし、長い授業は好きじゃないし、
でも、休憩やコーヒーやお酒、お菓子は、大好物です。

ま、このような特徴があります。
私も同じような気持ちなのでよくわかります(笑)

これまでの私の経験を元に、どうやったら
1日楽しい授業が出来るのか?を
毎回考えながら、"もっとこんなこと聴きたい。"
"いや、こんな授業があったら楽しい""1日があっという間に
過ぎるように研修にゲームも入れてほしい"という、

物流・運送の現場で働く皆さんの要望を盛り込んで出来上がったのが
いまの私の教育方法とテキストです。

それでも、日々、物流業界が目まぐるしく変化する中で、
いまの教育方法も進化させるためにテキストも映像も
日々アップデートしなくてはなりません。

マンネリ化しますし、
情報が陳腐化するスピードが早いので、
去年と同じでは、飽きちゃいますよね。

ほんとに未だに、こんな教え方で良いのか?
と日々悩みがつきません。
毎回、授業が終わると反省ばかりです。

でも、勉強が苦手な人に対して、
どうやったら1日楽しんでもらえるか?
集中して机に向かってもらえるか?

また、学んだことを自分の現場に戻って実践で活かして成果を出して
上司に褒めてもらえるか?そんなことを考えて、
テキストを作るのは楽しいですね。
おっ、これは使える物流現場の写真だな~とか発見すると嬉しいですね。

もっと教える側も知恵を絞って、"物流を学ぶ事は楽しい"と
思える授業を考えなくてはならないと私は思います。

教える側は、決して、上から目線ではなく、
俺が若い頃は、俺があの会社にいた頃はなんて話ばかりでなく、
フレッシュな話題を提供したいですね。

いつの間にか"説教"になって、
延長講義などしないようににしたいものです。
私もつい熱が入って、話が長くなったりすることもあり、
その時は、すごく反省します。

説教は百害あって一利なしです。
授業は短く、楽しく、簡潔にですね!!

長くなりましたが、最後に、私が授業が終わった時に

『1日楽しかったです』と言われるのが一番うれしいです。

もっと、うれしいのは、3年以上経って成長した人が、
仲間やお客様の前で、堂々とプレゼンもしっかり
できる人財に育っているのを見るのはもっと嬉しいですね。

人を育てるには、ちょっとした失敗、ダメだと思っても、
"許していく心の広さ"を持ちあわせたいです。

だって、皆さん、自分の心に手をあててみてください。
自分だって完璧ではないのですから。

人は、完璧ではないからこそ、人を育てられるのだと思います。
自分もミスや失敗をするから、人のミスも許せるのだと私は思います。

子供はミスが多いですよね。それを何度も言い聞かせて育てるのは親です。
親が子供に何かを教えるのに完璧さはいらないし、資格も必要ないです。

出来の悪い子供だからといって諦めることもできないし、
何度もしつこく愛情を持っていろんなことを教えるから
安心して子供も育つのではないでしょうか。

何かあっても絶対に受け止めてくれる
存在は大きいものです。

職場でも、自分の部下を自分の子供だと思って、出来ない奴だな~と
簡単にあきらめずに

新人や部下にもっと育って欲しいという
愛情や情熱を注いでもらいたいです。

丁寧に教えていけば、時間はかかるし、手間もかかるし、
遠回りに感じるかも知れませんが、
きっとあなたの熱心な姿勢に、
相手の気持ちも動かされるのではないでしょうか。

『あなたが時間をかけた分しか、人は育ちません!!』

口下手で、流暢に話せなくても、
経験が足りなくてもいいじゃないですか。

あなたが、熱を入れて、時間をかけて、相手と真剣に向き合い、
じっくり人を育てていきましょう。

私もこれからも失敗しまくりますが、ご縁があった人と一緒に
前に前にチャレンジして
人材育成をしていきたいと思います!!


[セミナー情報]

01月29日■東京【セミナー】リーダーのための必須知識『物流コスト計算基礎講座』
http://www.e-logit.com/seminar/20150129t-m.php
01月21日■大阪【セミナー】リーダーのための必須知識『物流コスト計算基礎講座』
http://www.e-logit.com/seminar/20150121o-m.php
01月16日■東京【セミナー】第7期 第4回 物流管理者育成講座 (1回毎申込)
【物流情報システムの概念・業務別物流情報システム】
http://www.e-logit.com/seminar/20150116s.php
12月19日■東京【無料セミナー】物流人材育成セミナー 16:30~18:00
http://www.e-logit.com/seminar/20141219s.php


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
株式会社イー・ロジット
東京TEL:03-5825-1720 大阪TEL:06-4308-8977

●ツイッター(NEWSのみ): http://twitter.com/e_logit
●無料配信登録: http://www.e-logit.com/loginews/#regist
   ★携帯版(好評「1日1語」あり)への配信登録も出来ます

◇ あなたの会社のニュースリリースをお送り下さい。
  宛先: newsre1ease@e-logit.com
  件名:「掲載希望」
  ※選考の上、登録配信します。

◇ 発行者のイー・ロジットの事業内容:
  「社員研修・セミナー講師」「物流コンサルティング」
  「物流システム導入支援」「通販物流代行」

◇ 発行書籍:『図解よくわかる物流のすべて』『物流改善の進め方』
   『通勤大学実践MBA 戦略物流』『トコトンやさしい戦略物流の本』
   『よくわかるIT物流』(日本、中国、韓国、台湾)

◇ 配信先変更→ http://www.e-logit.com/loginews/stop.php#3
  配信解除→ http://www.mag2.com/m/0000015334.htm
  ご意見・ご感想→ magazine@e-logit.com

◇ 著作権情報
 著作権は株式会社イー・ロジット、またはその情報提供者に帰属する
 ため、許可なしに掲載記事の有料販売を行うことなどを禁じます。
 但し無料の社内メール、会議資料としての利用は問題ありません。
 「イー・ロジット」「e-LogiT.com」は、登録商標です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C)2000-2014 e-LogiT co.,ltd. All Rights Reserved.

最新の記事

前後の記事

物流話(メールマガジン)

バックナンバー
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!

イー・ロジットへの資料請求・お問合せ