物流ニュース、ロジスティクス情報 

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

楽天/「Rakuten-EXPRESS」の配送エリアを千葉県に拡大

楽天、「Rakuten-EXPRESS」の配送エリアを千葉県に拡大、「楽天市場」店舗向け物流サービス「楽天スーパーロジスティクス」の荷物を自社配送開始

  楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)は、本日、運営する配送サービス「Rakuten-EXPRESS」の配送エリアを千葉県市川市、船橋市、浦安市、松戸市(以下、「千葉県4市」)に拡大しました。また、「楽天市場」出店店舗を対象に提供する、商品の保管から配送までの包括的な物流サービス「楽天スーパーロジスティクス」の一部の荷物を、「Rakuten-EXPRESS」にて自社配送開始しましたので、お知らせします。

  「Rakuten-EXPRESS」では、これまで、楽天グループで生活用品や日用品のECサービスを提供するRakuten Direct株式会社および「楽天ブックス」の商品を対象に、東京23区内で配送サービスを提供してきました。6月には、住宅敷地内への置き場所指定配達「置き配」を開始し、ユーザーの不在時にも事前に指定された場所への荷物のお届けを可能にするなど、利便性の高いサービスの実現に取り組んでいます。今回、配送エリアを東京23区に加え千葉県4市に、対象商品を「楽天市場」の出店店舗の商品にも拡大することで、より多くのユーザーに利便性の高い配送サービスを提供し、「楽天市場」における買い物体験価値の向上を図ります。

  楽天は、EC物流の健全化を目的に「楽天市場」における包括的な物流・配送サービスを構築する「ワンデリバリー」構想を掲げており、この度の「Rakuten-EXPRESS」のサービス拡充もその一環となります。

【「Rakuten-EXPRESS」について】
「Rakuten-EXPRESS」は、楽天の運営する配送サービスです。楽天グループで日用品のECサービスを提供するRakuten Direct株式会社および、「楽天ブックス」の商品に加え、「楽天スーパーロジスティクス」で担う「楽天市場」の出店店舗の一部商品を対象に、東京23区および千葉県の一部(市川市、船橋市、浦安市、松戸市)で配送サービスを展開しています。再配達においては、24時までの時間指定に対応するほか、不在再配達を減らす取り組みとして、住宅敷地内への置き場所指定配達「置き配」にも対応しています。

配送エリアを千葉県の一部(市川市、船橋市、浦安市、松戸市)に拡大

「楽天スーパーロジスティクス」で受託する「楽天市場」出店店舗の商品を配送開始

【「楽天スーパーロジスティクス」について】
「楽天スーパーロジスティクス」は、「楽天市場」の出店店舗の商品の保管から出荷までを楽天が一括で担う総合物流サービスです。きめ細かなオペレーションで、入荷から配送まで高品質な物流サービスを提供します。また、ギフトラッピングや販促物の封入など、店舗様ごとの個別作業要件にも対応します。物流業務をアウトソーシングすることで、店舗様は、商品企画や販売促進といった業務に集中することができます。

【「ワンデリバリー」構想について】
昨今、国内物流業界において不在再配達の増加や人手不足などが社会問題化し、EC店舗が安定的に店舗運営を行うことが困難になっています。こうした背景から、楽天は、「楽天市場」において商品の注文からお届けまでの仕組みを一気通貫で管理する包括的な物流サービス「ワンデリバリー」構想を掲げ、「楽天スーパーロジスティクス」や「Rakuten-EXPRESS」をはじめとする様々な施策に取り組んでいます。

以 上

※ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。