物流ニュース、ロジスティクス情報 

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

鴻池運輸/平成30年度医療技術等国際展開推進事業 「インド国における国際検体事業実現に向けた技術研修」実施機関に選定

平成30年度医療技術等国際展開推進事業 「インド国における国際検体事業実現に向けた技術研修」実施機関に選定

同国臨床検査事業への貢献目指し、J-VPD とともに 2017 年より継続受託

鴻池運輸株式会社(本社:大阪市 中央区、代表取締役兼社⻑執⾏役員 鴻池 忠彦)は、2017年5月 より最大2年間、「平成29年度医療技術等国際展開推進事業『インド国における国際検体事業実現に 向けた技術研修』」※1 を実施する研修実施機関として選定され※2、昨年1年間、J-VPD株式会社(本 社:東京都 新宿区、代表取締役社⻑ 山田 哲児、以下J-VPD)とともに推進してまいりました。その 成果が評価され、このほど2年目も継続して研修実施機関として選定されました。当事業は、鴻池運 輸が事業実施の主体機関として、医薬品・医療機器販売事業、海外における臨床検査事業を主体とす るJ-VPDとともに、臨床検査事業におけるインドへの医療貢献を目指し、推進するものです。

※1 本事業は、国⽴研究開発法⼈国⽴国際医療研究センターが主体となって実施する厚⽣労働省より委託され た平成30年度医療技術等国際展開推進事業です

※2 2017年7月10日発表 http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1494712

◆「インド国における国際検体事業実現に向けた技術研修」

1年目の主な取り組み

①2017年10月6日 インド国・デリー市内で日印の臨床検査の概況と技術に関する情報交流セミナーを開催 ※3 2017年10月16日発表

http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?template=announcement&sid=39471&code=9025

②2017年12月11日〜15日 インドの研究機関の幹部・研究者や病院・臨床検査ラボの病理医など、計10名を日本に受け入 れ、日本式の臨床検査や医療機関の視察を含めた技術研修・交流プログラムを実施

◆「インド国における国際検体事業実現に向けた技術研修」

2年目の主な取り組み 2019年2月にかけて、臨床検査の実務に携わるインド⼈医師、技術者を日本に受け入れ、実践的 な研修プログラムを企画するとともに、インドにて日本式の臨床検査の技術や⼿法を取り入れた 形式でのワークショップを開催予定 今後、鴻池運輸のこれまでのインドにおける活動実績や政府・病院に対するチャネルを⽣かしつつ、 J-VPD とともに日本の診断機器や医療材料、試薬などインドへの輸出販売機会の創出、さらには日 印間、日本―アジア間の国際航空便を使⽤した国際検体サービスの本格稼働に注⼒し、⾼度医療品流 通・物流ネットワークを開発する新たなビジネスモデル展開へとつなげていきたい⽅針です。