物流ニュース、ロジスティクス情報 

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

日本郵船/船主・船舶管理会社と安全推進会議を開催

船主・船舶管理会社と安全推進会議を開催

2018年7月10日

―国内外90社173人が出席し「オープン・コミュニケーション」の重要性を再認識―

 当社は安全キャンペーン「Remember Naka-no-Se」の一環として、国内外の船主と船舶管理会社の関係先を対象とした船舶の安全推進会議を、今月、当社本店(東京都千代田区)と愛媛県今治市において合計3回開催しました。

<「Remember Naka-no-Se」とは>
 1997年7月2日に発生した原油タンカー「ダイヤモンドグレース」の東京湾中ノ瀬原油流出事故を教訓として、毎年7月1日から2カ月間、安全運航の重要性をすべての社員が再確認する安全キャンペーンです。期間中、経営トップをはじめ関係する社員が運航船に足を運び、安全運航について相互理解を深めます。

<安全推進会議の概要>
 会議には国内外の船主と船舶管理会社から90社、173人が出席し、昨年に引き続き"Brush up on Safety Awareness"をスローガンに掲げ、乗組員一人ひとりの継続した安全意識向上や事故・トラブル再発防止対策について情報を交換しました。
 また、今年作成した安全推進ビデオ「日本郵船最大の危機-中ノ瀬原油流出事故」で語られている「オープン・コミュニケーション」の重要性についても触れ、船陸間のコミュニケーションをはじめ、ビジネスパートナーである船主・船舶管理会社との率直な意見交換が重要であることを再認識しました。

 お客さまの貨物を安全かつ確実にお届けすることは、当社グループにおける最大の使命です。今後も地道な取り組みにより、船陸一丸で安全運航の徹底に努めます。


<2018年「Remember Naka-no-Se」のスケジュール>
7月2日 海事関係者と過去を振り返る安全シンポジウム
7月3日 船主・船舶管理会社を対象とした安全推進活動のコンペティション
7月4日、9日 船主と船舶管理会社向けの安全推進会議
8月1日 重大事故対応訓練
8月23日 船長・機関長による安全運航に関する懇談会

<参考リンク>
動画リンク:「安全文化の醸成」編8分43秒(ステークホルダーの皆さま向け)
http://www.nykwebcasting.com/profile/video/09_jpn.htm
当社の安全活動の取り組み
http://www.nyk.com/csr/safety/index.html
以上
 
掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。