物流ニュース、ロジスティクス情報 

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

DHL/ジョン・カーワン元日本代表ヘッドコーチと ブランド・アンバサダー契約を締結

DHL、ジョン・カーワン元日本代表ヘッドコーチと ブランド・アンバサダー契約を締結

2018年6月8日

  • ラグビーワールドカップ2019におけるDHLアンバサダー第一号
  • ニュージーランド代表チーム伝説のプレーヤー、そして2003年から2011年まで3回のラグビーワールドカップ監督経験

国際エクスプレスのグローバルリーダーであるDHLジャパン株式会社(略称:DHLジャパン 代表取締役社長:山川丈人 本社:東京都品川区)は、本日、ラグビーワールドカップ2019™日本大会に向け、ジョン・カーワン元日本代表ヘッドコーチと、ブランド・アンバサダー契約を締結したことを発表しました。DHLは、ワールドワイドパートナー兼オフィシャルロジスティクスパートナーとして、          ラグビーワールドカップ2019(RWC2019)を応援しています。

カーワン氏は、ラグビー界でJKの愛称で親しまれている世界的なレジェンドで、ニュージーランド代表チームで伝説のWTB(ウィング)として63キャップを獲得、1987年のラグビーワールドカップ第一回大会では同国の優勝に大きく貢献しました。また日本との関係も深く、NECでは選手そしてコーチを務め、その後日本代表チームのヘッドコーチとして、ラグビーワールドカップ2007年および2011年大会を戦い、2007年の対カナダ戦で劇的なドローを引き出し日本の連敗記録に終止符を打ちました。

2019年に開催のラグビーワールドカップ2019日本大会においては、DHLの第一号ブランド・アンバサダーとして、日本でのラグビー盛り上げに尽力します。今月、DHLで集配拠点として日本最大の東京セントラルサービスセンターを訪問、アンバサダーとしての仕事を開始しました。

ジョン・カーワン氏は、「DHLと共にラグビーワールドカップの盛り上げに貢献できることを光栄に思います。DHLがこれまで国際的に広く支援を続けるラグビーへの情熱を私自身も共有しており、今回、パートナーシップを結ぶのに、世界規模で事業を展開する同社以上の相手はいないと感じていました。ニュージーランド、イタリア、日本と重ねたこれまでのラグビー人生の集大成として、ラグビーワールドカップ2019を機に、日本の地を再び踏むことができるのを大変嬉しく思います」と述べています。

DHLジャパン株式会社代表取締役社長の山川丈人は、「DHLは、ラグビーワールドカップ2019日本大会に向け、大会運営の根幹に関わるロジスティクスを支援すると共に、開催機運の盛り上げを強力にバックアップしていきます。日本のラグビーのみならず世界レベルのラグビーに通じるカーワン氏の知見を得て、開幕までの残り1年半、広く日本および世界中のラグビーファンや愛好者の皆さんに、ラグビーの情熱と感動をお届けできるのを楽しみにしています」と述べています。

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」へのパートナーシップにより、DHLとラグビー競技の長期にわたる関係は継続します。DHLは、前回のラグビーワールドカップ2015においてもオフィシャルロジスティクスパートナーとして、世界各地から英国・イングランドへの、大会やチーム装備一式の輸送を担いました。13ヵ所の競技会場へ運んだ合計48トンものチーム貨物、1,400個ものオフィシャルボール、20セットのゴールポストをはじめ、世界160ヵ国以上へ40万枚を超えるチケットを輸送しました。