物流ニュース、ロジスティクス情報 

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

ダイキン工業/ベトナム子会社が空調機の新工場が本格稼動を開始

ベトナムで空調機の新工場が本格稼動を開始




ダイキン工業株式会社の子会社であるダイキンエアコンディショニングベトナム社(本社:ベトナム社会主義共和国 ホーチミン市)は、ベトナムの首都ハノイ近郊に空調機の工場が完成し、このほど本格稼動いたしました。新工場は、空調機の組み立てから、技術者の訓練や育成の機能も備えた、ベトナム初の本格的な空調機の生産工場です。また、訓練施設の充実など技術者育成の拠点としても活用します。急速に需要が拡大する空調市場にタイムリーに高品質な商品を供給していきます。 

近年、アジアでは活発なインフラ投資や海外企業の進出等により経済成長が続いています。また、人口の増加や所得水準の向上にともない、空調市場も拡大しています。特に、ベトナムは著しい経済発展と中間層の増加から、住宅用エアコンを中心に空調機の需要が拡大しており、アジア最大級の空調市場に成長しています。加えて、所得に比べて電気代が高く、インバータ付きエアコンのような省エネ製品が広まるなど、今後も需要の拡大が続くことが予想されるため、工場を建設し現地生産を行うことにしました。 

新工場は、IoTを活用した生産管理技術や検査システム、技能訓練など、ダイキングループの全世界の工場から当社の技術やノウハウを集めたグローバル最新の空調機工場です。新工場では、当面は住宅用エアコンを製造し、2020年までに100万台を生産できる体制を整えます。今後の市場の成長にあわせて、生産品目を拡大していきます。 

当社は、戦略経営計画FUSION20で市場が急成長するアジアの空調事業の強化を重点施策と位置付けています。今後もベトナムでの事業基盤を強化するため、生産だけでなく市場に密着した商品開発、販売網・サービス体制の構築など、投資を継続し、雇用を創出しながら、ベトナムの発展に貢献していきます。

【ダイキンベトナム社の概要】
会社名 ダイキンエアコンディショニングベトナム社 
Daikin Air Conditioning(Vietnam)Joint Stock Company
所在地 ベトナム社会主義共和国 ホーチミン市
代表者 取締役社長 リー・ティ・フーン・チャン
資本金 128,000百万ベトナムドン
設立 2008年7月
事業内容 空調機器の製造、販売、サービス

【新工場の概要】
所在地 フンイエン省イエンミー県 第2タンロン工業団地
敷地面積 210,000m2
建屋面積 28,000m2
投資額 約80億円
生産品目 住宅用エアコン

以上



ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在のものです。
予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。