物流ニュース、ロジスティクス情報 

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

日東精工/中国の子会社「日東精密螺絲工業(浙江)有限公司」で新工場建設

中国の子会社「日東精密螺絲工業(浙江)有限公司」で新工場建設

~ グローバル展開加速 ~

■はじめに

 

 日東精工株式会社(本社・工場:京都府綾部市 代表取締役社長:材木正己)は、中華人民共和国における当社連結子会社である日東精密螺絲工業(浙江)有限公司(以下「NPS社」)が、新工場を建設することを発表しました。

 本計画は、日東精工グループにおける成長戦略の一環として、海外における増強ならびに事業の拡大を視野に入れたものであり、これにより当社グループのグローバル展開をさらに加速させてまいりたいと考えております。

  

 

■背景・目的

 

 当社は海外に11社の連結子会社と1拠点を設け、グローバルなモノづくりを展開しています。中でも中華人民共和国における当社連結子会社であるNPS社は、2001年に設立され当社グループの海外工場としては歴史が浅く、家電、IT・情報機器を中心に事業活動を行っています。一方で、NPS社を取り巻く環境は、ローカル競合メーカの台頭による価格競争の激化と技術力の向上による品質要求の高度化が表面化しています。その対策として標準ねじ製品から当社オリジナル製品(高付加価値製品)へのシフトならびに日本品質が求められる自動車関連ユーザへのシェア拡大が急務であり、お客様満足度のさらなる向上のためにこれらが実現できる環境を検討してまいりました。

 このような状況下、NPS社は同敷地内に新たに第二工場を新築することといたしました。本件の実施によりNPS社は、自動車業界参入に向けた高付加価値製品の生産設備、品質管理体制(IATF16949:2016を認証取得)をより強固にするための検査設備の増強を行うこととなり、目標達成に向けた基盤が整備され、さまざまな相乗効果が期待されます。同社では、本設備投資の実施ならびに販売活動の強化を図り、2年後に生産能力ならびに売上高を現状の1.5倍に引き上げる計画です。

 

 

■対象会社の概要

 

 社名    :日東精密螺絲工業(浙江)有限公司

 

       [Nitto Precision Screw Industrial (Zhejiang) Co., Ltd]

 

設立    :2001年9月

 

資本金   :US$10,000,000

 

所在地   :中華人民共和国浙江省嘉善県恵民街道黄山路48号

 

代表者   :董事長 松井 秀賢

 

株主    :旭和投資股份有限公司(日東精工の台湾の連結子会社)(60%)、日東精工

 

(20%)、その他(20%)

 

事業内容  :工業用ファスナー(ねじ部品)の製造、販売及び、日本から輸入の産機・

 

制御製品の販売

 

売上    :70,134千人民元(2017年実績)

 

従業員   :120名(2017年12月末現在)

 

認証取得   :IATF16949:2016、ISO9001:2015、ISO14001:2015

 

 

■新工場(第二工場)稼働時期

 

 2020年6月(予定)

 

 

■日東精工会社概要

 日東精工株式会社(東証一部上場)は、工業用ファスナー(ねじ)や自動組立機械(ねじ締め機)、計測・検査装置などを製造販売するメーカです。ねじ・ねじ締め機は大きなシェアを誇り、締結・組立・検査における「ファスニング・ソリューション」を展開しています。中国のほか、台湾、タイ、インドネシア、マレーシア、韓国、アメリカに拠点を設け、工業用ファスナーメーカの先駆け的存在としてアジアでの地位を確立しています。