日本GLP/「GLP吹田」がLEEDゴールド認証、「GLP枚方III」「GLP流山III」がLEEDゴールド予備認証をそれぞれ取得|物流ニュース、ロジスティクス情報 
TOP物流ニュース物流不動産・施設:日本GLP/「GLP吹田」がLEEDゴールド認証、「GLP枚方III」「GLP流山III」がLEEDゴールド予備認証をそれぞれ取得

物流ニュース

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このサイトを友達に教える
メーラーにより文字化けする場合はコチラをご利用下さい。

日本GLP/「GLP吹田」がLEEDゴールド認証、「GLP枚方III」「GLP流山III」がLEEDゴールド予備認証をそれぞれ取得

日本GLP
「GLP吹田」がLEEDゴールド認証、「GLP枚方III」「GLP流山III」がLEEDゴールド予備認証をそれぞれ取得

 先進的物流施設のリーディングプロバイダーである日本GLP株式会社(本社所在地:東京都港区、代表取締役社長:帖佐義之(以下「日本GLP」))は、2017年8月に竣工した「GLP吹田」(所在地:大阪府吹田市)が「LEEDゴールド」の認証を、また現在建設中の「GLP枚方III」(同大阪府枚方市、2018年9月竣工予定)、「GLP流山III」(同千葉県流山市、2019年2月竣工予定)、の2棟が「LEEDゴールド」の予備認証を取得しましたのでお知らせします。

 LEED (Leadership in Energy and Environmental Design)認証とは、米国グリーンビルディング協会が普及・推進を図る、世界的にも広く普及している建物環境認証制度です。具体的には、1)持続可能な敷地、2)水の効率的利用、3)エネルギーと大気、4)材料と資源、5)室内環境品質、6)革新性、7)地域での重要項目、の7つのカテゴリーから評価されます。これらのLEED基準により4段階のレベルに格付けされ、「LEEDプラチナ」が最高レベルの評価になります。

 2017年8月に竣工した「GLP吹田」は、インターネット通信販売大手のアスクル株式会社(本社 東京都江東区、代表取締役社長 岩田 彰一郎、東証1部上場、)が全棟を同社の最大の物流センター「ASKUL Value Center 関西)」として活用しています。「GLP吹田」は、節水や、エネルギー効率の最適化、建設資材のマネジメント、建設中に関連する室内空気環境マネジメントプランなどが評価されました。

 2018年9月に竣工予定の「GLP枚方III」は、施設から徒歩圏内に公共交通機関へのアクセスが至便な点や周辺開発密度が高いエリアにあるなど持続可能な敷地であることや、エネルギー効率の最適化、施設屋根に設置した太陽光発電設備によるサイト内での発電、リサイクル材料を使用した建材の採用などが評価され、「LEEDゴールド」の予備認証を取得しました。

 2019年2月の竣工を目指して建設中の「GLP流山III」は、「GLP流山I」(2018年2月竣工予定)、「GLP流山II」(同5月竣工予定)と併せて従来の物流施設にはなかった生産加工、保管、流通加工、配送まで、物流プロセスをトータルで網羅する次世代型の複合的な施設となります。「GLP流山III」では、施設から徒歩圏内にバス路線が2路線あることなど代替交通手段(公共交通機関へのアクセス)の利便性が高い点や、全館LED照明・太陽光発電によるサイト内での再生可能エネルギー発電といったエネルギー効率の最適化が評価され、同じく「LEEDゴールド」の予備認証を取得しました。

 GLP代表取締役社長の帖佐義之は、「『GLP吹田』のLEED ゴールド認証、『GLP枚方III』、『GLP流山III』がLEEDゴールドの予備認証を取得したことを大変嬉しく思います。これらの取得はGLPが物流オペレーションの効率化を進める中で取り組んできた環境配慮やBCPの成果を示すものです。GLPでは、テナント企業に物流効率の向上による経済メリットと施設内で働く方たちに快適性を提供しています」と述べています。

 「GLP吹田」と「GLP枚方III」は、GLPとCPPIB(カナダの公的年金運用機関であるカナダ・ペンション・プラン・インベストメント・ボード)が2011年8月に50%対50%で立ち上げた合弁事業「GLPジャパン・デベロップメント・ベンチャーI」の、「GLP流山III」は2016年2月設立の同「GLPジャパン・デベロップメント・ベンチャーII」の開発物件です。

 

leed_2017_gold_0.jpg

 

「LEED®認証マーク」は米国グリーンビルディング協会所有の登録商標マークであり、

本プレスリリースへの使用許可を受けたものです。

 

【補足資料】  GLP のLEED認証取得(予備認証含む)施設の一覧
222kiyaputiya_0.png

03_glpchui_tian_wai_guan_nan_mian_0n4a10321ya_suo_torimingu_0.jpg

「GLP吹田」外観

glpliu_shan__0.jpg     glpmei_fang_iiiwai_guan_xiao__0.jpg

「GLP流山III」外観完成イメージ     「GLP枚方III」外観完成イメージ

以上


日本GLP株式会社について(http://www.glprop.co.jp/

日本GLP株式会社は2009年3月に設立されたGLPの日本法人です。日本の主要な物流拠点を網羅する都市で、93物件・総延床面積約460万平方メートルの物流施設を運営しており(2017年9月30日現在)、都市の生活や経済活動を支える重要なインフラとしての、高機能かつ環境にも配慮した物流施設を提供しています。GLPでは、事業展開している地域社会およびその環境に有益且つ有意義な貢献をし、また持続可能な社会の形成に役立つため包括的なESGポリシーを策定しています。

 GLP Pte Ltd.についてhttp://www.glprop.com/(link is external)

GLP Pte Ltd. (GLP) は、物流ソリューションのリーディンググローバルプロバイダーです。戦略的立地にある物流施設や先進的なエコシステムのパートナーなどのネットワークを通じて、GLPはカスタマー企業に賃貸スペースおよび価値を創出する技術革新を活かしたソリューションを提供しています。8カ国においてマーケットにおける地位を確立している世界最大級の不動産ファンド・マネージャーであり、運用資産は約430億米ドルで、グローバル・ポートフォリオは6億3,600万平方フィート(約59百万平方メートル)におよびます。


2018年2月14日

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
マブチモーター/ベトナムマブチの分工場を新設
丸運/「第 1 回丸運グループドライバー技能研修会」を実施
TRUCK-ONE /経常利益は前年比43・9%増(平成29年12月期 決算短信〔日本基準〕(連結))
日本貨物鉄道/臨時列車の運転等による輸送力を増強
サントリープロダクツ/宇治川工場の生産設備を増強

最新の記事

月別に見る

下記のプルダウンメニューでご覧下さい。

【物流ニュースリリースtop】

物流ニュース検索

「日本GLP」
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!

イー・ロジットへの資料請求・お問合せ