佐川急便/複数の路線バス会社と連携した貨客混載事業の実証実験を実施|物流ニュース、ロジスティクス情報 
TOP物流ニュース物流全般:佐川急便/複数の路線バス会社と連携した貨客混載事業の実証実験を実施

物流ニュース

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このサイトを友達に教える
メーラーにより文字化けする場合はコチラをご利用下さい。

佐川急便/複数の路線バス会社と連携した貨客混載事業の実証実験を実施

【佐川急便】複数の路線バス会社と連携した貨客混載事業の実証実験を実施(2018/02/09)

SGホールディングスグループの佐川急便株式会社は、秋田中央交通株式会社、羽後交通株式会社の路線バス会社2社と連携して、貨客混載事業の実証実験を実施します。

1.実施期間

2018年3月1日~3月31日(男鹿市船川港船川→男鹿市北浦湯本間)
2018年2月14日~2月28日(由利本荘市→にかほ市間)

2.実証実験区間

(1)男鹿市船川港船川→男鹿市北浦湯本(秋田中央交通)
(2)本荘市→にかほ市(羽後交通)

3.実証内容

路線バスの座席に佐川急便の宅配便を搭載し、旅客事業と並行して貨物輸送を行います。貨物輸送用に特別に客室内を改造することなく、現状の旅客スペースを有効利用するために、宅配便を収納する小型の専用ボックスを複数個利用します。

運用フロー

4.期待される効果

  • 移動時間の短縮による配達業務の効率化
  • 従業員の労務負担の軽減
  • 人口が少ない地域の公共交通網維持、地域住民の利便性を確保

佐川急便では、新たな配送モードの構築による効率化を目指すと共に、地域活性化に貢献できる取り組みを積極的に進めていきます。


2018年2月 9日

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
SGホールディングス/環境大臣賞受賞作品がラッピングされたトラックを東京スカイツリータウンでお披露目
日本郵便/宮崎銀行と連携協定を締結し地方創生・女性活躍推進への取り組みを強化
ローソン/8日より福井県店舗で1日2便体制のところ1便にまとめて納品
SGホールディングス/21日付人事異動を公表
佐川急便/降雪の影響による集荷・配達遅延

最新の記事

月別に見る

下記のプルダウンメニューでご覧下さい。

【物流ニュースリリースtop】

物流ニュース検索

「佐川急便」
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!

イー・ロジットへの資料請求・お問合せ