国土交通省/方向指示器等の点灯方法に関する基準を改正し|物流ニュース、ロジスティクス情報 
TOP物流ニュース物流全般:国土交通省/方向指示器等の点灯方法に関する基準を改正し

物流ニュース

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このサイトを友達に教える
メーラーにより文字化けする場合はコチラをご利用下さい。

国土交通省/方向指示器等の点灯方法に関する基準を改正し

方向指示器等の点灯方法に関する基準を改正します
- 道路運送車両の保安基準の細目を定める告示等の一部改正について -

平成30年2月9日

 灯火器の取付方法に関する国際基準(協定規則第48号)等が改正されることを踏まえ、今般、我が国においても、自動車の後面に備える方向指示器等は、全て同一の方式により点灯するものでなければならないこととします。

 自動車局では、自動車の安全基準等について、国際的な整合を図りつつ、安全性等を確保するため、順次、拡充・強化を進めています。
 今般、灯火器の取付方法に関する国際基準(協定規則第48号)等の改正案が、国連欧州経済委員会自動車基準調和世界フォーラム(WP29)において採択され、方向指示器等の点灯方法に係る要件等が改正されることを踏まえ、我が国においてもこれらを導入します。
 
1.保安基準等の主な改正項目(※ 改正の詳細については別紙をご覧ください。)
・ 自動車※1の後面に追加で備えることができることとされている方向指示器の点灯方式は、
後面に備えなければならない方向指示器と同一※2でなければならないこととする。
・ 方向指示器と兼用であることとされている非常点滅表示灯についても、後面に備えるもの
全てが同一※2の方式により点灯するものでなければならないこととする。

※1 二輪自動車、側車付二輪自動車並びにカタピラ及びそりを有する軽自動車を除く
※2 全ての光源が同時に点灯する通常の点灯方式又は「方向指示器に係る協定規則(第6号)」に規定する連鎖式の点灯方式(複数の光源が連鎖的に点灯する方式)のいずれかに統一すること

 
2.公布・施行
公 布 :2月 9日(本日)
施 行 :2月10日

添付資料

報道発表資料(PDF形式)PDF形式

参考1(PDF形式)PDF形式

参考2(PDF形式)PDF形式


2018年2月 9日

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
国土交通省/中山間地域における道の駅等を拠点とした自動運転サービス 道の駅「たかはた」において実証実験をスタート
ハマキョウレックス/ニッセンの物流センター用地・建物を取得し物流業務を受託
国土交通省/平成21年7月28日から平成30年1月31日までの間にアデン湾で護衛を受けた船舶(護衛対象船舶)は3,829隻に
全日本トラック協会/昨年10~12月期のトラック運動業界の景況感 (速報)を公表
日本梱包運輸倉庫/全長23メートルのフルトレーラーを導入

最新の記事

月別に見る

下記のプルダウンメニューでご覧下さい。

【物流ニュースリリースtop】

物流ニュース検索

「国土交通省」
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!

イー・ロジットへの資料請求・お問合せ