大日本印刷/ICタグ(RFID)を活用したサプライチェーンにおける情報共有の実証実験を実施|物流ニュース、ロジスティクス情報 
TOP物流ニュース物流システム:大日本印刷/ICタグ(RFID)を活用したサプライチェーンにおける情報共有の実証実験を実施

物流ニュース

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このサイトを友達に教える
メーラーにより文字化けする場合はコチラをご利用下さい。

大日本印刷/ICタグ(RFID)を活用したサプライチェーンにおける情報共有の実証実験を実施

ICタグ(RFID)を活用したサプライチェーンにおける情報共有の実証実験を実施

メーカー・中間流通・小売が連携した情報共有システムの構築を目指す

 

大日本印刷株式会社(本社:東京 社長:北島義俊 資本金:1,144億円 以下:DNP)は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下:NEDO)の委託事業「IoTを活用した新産業モデル創出基盤整備事業」の一環として、食品・日用品メーカー、卸、物流センター、コンビニエンスストア(以下:コンビニ)、システムベンダーと共同で、「電子タグを用いたサプライチェーンの情報共有システム」の実証実験を実施します。
本実証実験では、食品や日用品等にRFIDを貼り付け、メーカーから、卸、コンビニまでのサプライチェーンにおける商品の情報を一元管理して、業務効率化などに活用していく情報共有システムの構築に着手します。

【実証実験の概要】

○期 間   : 2018年2月14日(水)~2月23日(金)
○内 容   : メーカーや物流センターで商品にRFIDを貼り付け、RFIDから取得した情報を国際標準であるEPCIS*に準拠した情報共有システムで商品の入出荷や消費期限情報等を一元管理し、その有効性を検証します。
○実施店舗 : 都内のコンビニ3店舗

*サプライチェーンの可視化を行うため、商品の移動情報等をコンピュータ・サーバー上に蓄え、共有するための仕様

【実証実験の背景とDNPの取り組み】

経済産業省が発表した「コンビニ電子タグ1000億枚宣言」*では、コンビニ等の小売業界で深刻化している人手不足への対策として、コンビニの店舗で取り扱う商品にRFIDを貼り付け、商品の個別管理による店舗での消費・賞味期限チェックの効率化や、レジの自動化による業務の省力化等の実現を目指しています。更にRFIDから取得した情報を食品・日用品メーカー、卸、物流センター、コンビニといったサプライチェーンを構築する業界で共有することにより、在庫管理等の効率化や食品ロスの削減に効果があると期待されています。

こうした中でDNPは、RFIDの一層の普及に向けて、低価格な製品の開発を進めるとともに、さらなる活用を検討しています。
今回DNPは、メーカーやコンビニ、システムベンダーと共同で、RFIDを活用して、メーカーから卸、配送センター等のサプライチェーン全体の商品に関する情報を国際標準であるEPCISに準拠した形で一元管理し、共有できるシステムの構築に着手するとともに、その有効性を検証します。また実証実験の結果をもとに、国際標準であるEPCISの普及を推進していきます。

*コンビニ電子タグ1000億枚宣言URL:http://www.meti.go.jp/press/2017/04/20170418005/20170418005.html
※ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

2018年2月 2日

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
ファミリーマート/経済産業省と合同で電子タグを用いた「サプライチェーン情報共有システム」の実験を ファミリーマート経済産業省店にて実施
日立物流/電子タグを用いたサプライチェーン情報共有システムの実証実験に協力
ローソン/電子タグ貼付によるサプライチェーン連携強化を実現
SBSグループ/平成 30 年度安全スローガンを決定
阪急阪神ホールディングス/国際輸送事業の営業利益は前年比127・3%増(平成30年3月期 第3四半期決算短信)

最新の記事

月別に見る

下記のプルダウンメニューでご覧下さい。

【物流ニュースリリースtop】

物流ニュース検索

「大日本印刷」
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!

イー・ロジットへの資料請求・お問合せ