SBSグループ/全拠点の営業利益を黒字化する(年頭挨拶)|物流ニュース、ロジスティクス情報 
TOP物流ニュース物流全般:SBSグループ/全拠点の営業利益を黒字化する(年頭挨拶)

物流ニュース

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このサイトを友達に教える
メーラーにより文字化けする場合はコチラをご利用下さい。

SBSグループ/全拠点の営業利益を黒字化する(年頭挨拶)

SBSグループ代表 鎌田正彦、年頭のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。 昨年 12 月 16 日、SBSホールディングスは創業 30 周 年を迎えました。雨漏りする倉庫の片隅からスタートし、 資金繰りに苦しむ時期が長く続きましたが、多くの皆様に 支えられ、ここまで来ることができました。企業が 30 年存 続する確率は 0.02%と言われる中で、出自が違う人々が集 い、思いを一つに頑張ってきてくれた結果です。本当にあ りがとうございました。 昨年は、2014 年からスタートした中期経営計画「SBS Growth 2017」の最終年でした。創業直後からの目標であ った「創業 30 周年で売上高 2000 億円」は、誠に遺憾ながら達成することができませんでし たが、私はこの目標を早急に実現したいと考えています。EC市場の急成長などで物流への 期待が高まりつつあることを背景に、今後、物流業界では大きな再編が進んでいきます。こ こで勝ち残るためには規模の拡大が不可欠なのです。 さらに、今年は千葉県野田市に4万坪の土地を取得し、SBSグループで最大規模となる 2棟約7万坪の物流センターの建設を開始します。このセンターは、最先端の技術を導入し、 高付加価値の物流サービスを提供できる施設にする計画です。業容の拡大をめざし、かつ付 加価値の高い物流サービスを具現化するため、本プロジェクトはSBSグループにとって大 変重要な意味を持つことになります。 私は、今後、SBSグループが 50 年、 100 年と存続する会社になるかは、これ からの 30 年にかかっていると考えてい ます。SBSグループのDNAである「不 屈のベンチャー精神」を持ち続け、決断 と変化のスピードを失うことなく、新し いSBSグループを創っていきましょう。 最後になりましたが、車両事故や過重 労働などが発生させないよう、今年も全 員で安心・安全を誓うとともに、目標を 達成して素晴らしい第2の創業の年にし ましょう。

2018年 SBSグループ方針

1.全拠点の営業利益を黒字化する

2.提案営業力と組織力の更なる強化

3.コンプライアンス遵守とCSR活動の推進

4.経営基盤の強化 5.SBSブランドを守り、育む

今年の テーマ 始動

第2の創業年を迎え、 新たなSBSグループが始動 します。 「不屈のベンチャー精神」を持って、未来永劫存続する会社 を創っていきましょう!


2018年1月 5日

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
日本通運/春の引越しキャンペーンを実施
サカイ引越センター/12月の月次売上高は前年比106・3%
近鉄エクスプレス/2018年度は2019年度から始まる次期中期経営計画への足がかりになる非常に大切な年(社長年頭挨拶)
宝ホールディングス/子会社の川東商事が業務用酒類卸部門の受注・配送業務を平成30年2月末日をもって終了
クオリカ/GPS関連システムと通信機器の開発に強みを持つ データトロンを子会社化し高速道路・物流向けIoT事業への新規参入と高付加価値サービスを創出

最新の記事

月別に見る

下記のプルダウンメニューでご覧下さい。

【物流ニュースリリースtop】

物流ニュース検索

「SBSグループ」
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!

イー・ロジットへの資料請求・お問合せ