郵船ロジスティクス/世界で認められ選ばれ続ける会社を目指す|物流ニュース、ロジスティクス情報 
TOP物流ニュース物流全般:郵船ロジスティクス/世界で認められ選ばれ続ける会社を目指す

物流ニュース

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このサイトを友達に教える
メーラーにより文字化けする場合はコチラをご利用下さい。

郵船ロジスティクス/世界で認められ選ばれ続ける会社を目指す

商事始め式社長挨拶

1月4日に行われた当社商事始め式における社長:水島健二の挨拶です。

 

 皆さん、明けましておめでとうございます。

 年末年始は英気を養い充実した時間を過ごされたことと思います。日本および世界の郵船ロジスティクスグループの皆さんと新たな一年のスタートを迎えられたことを大変うれしく思います。

 

【2017年振り返り】

 昨年を振り返りますと、雇用環境の改善や個人消費の回復もあり世界的に景気回復基調が見られる中、国際物流市場においても海上貨物・航空貨物共に堅調な荷動きとなりました。そのような環境下、昨年春に当社グループは中長期経営計画"TRANSFORM 2025"を発表し、これからの私たちが目指す姿とその目指す姿にどのようにして到達するかを示しました。グループ経営理念であるVision, Mission, Valuesも新たに、計画に沿って中長期的な視点で持続的な成長に向けて各種取り組みを開始しました。グループ全体の理解と協力もあり海上・航空貨物の取り扱いは引き続き前年を上回る取り扱いとなり、ロジスティクス事業では新たな施設や高付加価値施設を開設し積極的に事業を展開するなど、それぞれの事業で今後に向けてスタートを切りました。しかしながら、想定した取り扱いに至らなかったことや粗利の改善に時間を要したことなども影響し損益面では大幅な減益となり、当社においては厳しい結果となりました。

 

【TRANSFORM 2025】

 昨年、私たちは全世界2万2,000人以上の従業員が同じアイデンティティの下、お客様と社会に貢献できるVision・Mission・Valuesを再定義しました。「私たちはロジスティクスで、人を、ビジネスを、社会を、より良い未来へつなげます。」をビジョンに、その実現のためにInsightを働かせ、Service Qualityの向上に取り組み、Innovationで、世界で認められ選ばれ続けるサプライチェーン・ロジスティクス企業(the world\'s preferred supply chain logistics company)となり、ビジネスと社会の持続的な発展に貢献していきたいと思います。ここでポイントとなるのは"世界で認められ選ばれ続ける会社"を目指すという点です。

 皆さんはこの行動へと導く共通のValues(価値観)-Connected, Committed, Creative-を持って日々の業務に取り組んでいることと思います。私たちはグローバルで共有するVision・Mission・Valuesを得て、より強い一体感が醸成されました。Valuesの9-boxで表される私たちの行動モデルの積み重ねが郵船ロジスティクスの文化を紡ぎ出し、強固な基盤となって長期ビジョンに向けて着実に近づくことができ、お客様により高い価値を提供できるようになります。

 この価値観を大事にし、当社の目指す姿の実現のために基本戦略、事業戦略、地域戦略を確実に実践していきましょう。

 

【今後の展開】

 昨年10月31日に公表しました通り、当社は親会社である日本郵船株式会社による公開買い付けが開始され、今期中に当社は日本郵船株式会社の完全子会社となる予定です。

 これにより、事業・地域戦略の強化、ビジネスプロセスの効率化や成長領域へのこれまで以上の規模での投資が可能になり、中長期的な収益力や競争力が向上することで、当社の企業価値が一層向上することになります。これは中長期経営計画"TRANSFORM 2025"完遂への追い風に資するものであると考えています。完全子会社となった後は日本郵船グループ間の経営資源やノウハウなどの相互利用が可能となりますので、今後の各事業の発展に寄与することになります。一方、当社ブランドは維持し、引き続き独立した物流事業者として事業展開していきますので、皆さんと共に一丸となって前進していきたいと思います。

 

【法令遵守】

 ここで改めてお話しなくてはならないことがあります。

 昨年当社は重大なコンプライアンス違反により、極めて重い処分を受けました。コンプライアンス違反は会社の信用を多大に毀損します。法令遵守よりも優先されるものはありません。日常業務で疑問や違和感を覚えることがありましたら、それを放置せず相談してください。

 これまでもコンプライアンスに関する各種研修を受けてもらいましたが、今後も引き続き実施していきますので、一人ひとりがコンプライアンスに対するアンテナを高くして体制の強化を図り、お客様からの信頼回復に向けて全力を尽くすことをお願いします。

 

【結び】

 私たち郵船ロジスティクスは企業として、未来に向けて持続的に発展し続ける必要があります。そのために、私たち一人ひとりがその役割をしっかりと果たさなければなりません。

 「Create Better Connectionsを実現するためにはどうすべきか?」 皆さん自身に問いかけてみてください。その問いかけがTRANSFORM 2025の実現、ひいては皆さんが当社で働くことの意義および誇りにつながります。

 

 郵船ロジスティクスグループの皆さんと皆さんのご家族にとって健やかで充実した一年となりますことを心より祈念し、新年のあいさつといたします。

 

 


掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。

2018年1月 4日

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
日本郵船/グループの総力をあげて新たな目標に向かう(2018年商事始め式で社長あいさつ)
NS ユナイテッド海運/次なる飛躍へ(2018 年 新年あいさつ)
商船三井/うねりを、チャンスに。(2018年 新年社長メッセージ )
日本物流団体連合会/自らが変革する強い意志を持ち、物流業の更なる発展を(平成30年の年頭にあたり)
近鉄エクスプレス/2018年度は2019年度から始まる次期中期経営計画への足がかりになる非常に大切な年(社長年頭挨拶)

最新の記事

月別に見る

下記のプルダウンメニューでご覧下さい。

【物流ニュースリリースtop】

物流ニュース検索

「郵船ロジスティクス」
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!

イー・ロジットへの資料請求・お問合せ