国土交通省/10月の国際航空貨物輸送はトンキロベースで前年比6・7%増|物流ニュース、ロジスティクス情報 
TOP物流ニュース物流全般:国土交通省/10月の国際航空貨物輸送はトンキロベースで前年比6・7%増

物流ニュース

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このサイトを友達に教える
メーラーにより文字化けする場合はコチラをご利用下さい。

国土交通省/10月の国際航空貨物輸送はトンキロベースで前年比6・7%増

航空輸送統計速報(平成29年10月分)

平成29年12月28日

1.国内定期航空

10月分の国内定期航空の旅客輸送量は、9,020千人、8,313,325千人キロ、貨物輸送量は、77,887(85,692)トン、81,657(89,542)千トンキロであった。
(1)旅客輸送は、人ベースで、対前年同月比1.1%増となっており、人キロベースでは、対前年同月比1.2%増であった。なお、座席利用率は、76.2%であった。
(2)貨物輸送は、トンベースで、対前年同月比0.1%減(0.0%減)となっており、トンキロベースでは、対前年同月比2.0%増(1.8%増)であった。なお、重量利用率は、54.0%であった。

(注)1.貨物輸送の( )内は、超過手荷物、郵便物を含む数値である。
      2.国内定期航空輸送実績には、コミュータ-航空輸送実績が含まれている。

2.国際航空

10月分の国際航空輸送の旅客輸送量は、1,885千人、8,480,430千人キロ、貨物輸送量は、148,364(156,295)トン、834,295(875,901)千トンキロであった。
(1)旅客輸送は、人ベースで、対前年同月比9.4%増となっており、人キロベースでは、対前年同月比10.1%増であった。なお、座席利用率は79.4%であった。
(2)貨物輸送は、トンベースで、対前年同月比4.7%増(4.5%増)となっており、トンキロベースでは、対前年同月比6.7%増(7.1%増)であった。なお、重量利用率は、75.6%であった。

(注)貨物輸送の( )内は、超過手荷物、郵便物を含む数値である。

添付資料

公表資料(PDF形式:534KB)PDF形式


2017年12月28日

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
鴻池運輸/ グループ公式 Web サイトを全面リニューアル
東洋ゴム工業/「SCM 本部」を解消し、管下の「需給管理部」、「物流部」を移設
SGホールディングス/「東京都スポーツ推進企業」に3年連続で認定!スポーツ庁「スポーツエールカンパニー」に初認定
国土交通省/10月の特別積合せ貨物は前年比104・5%
日本物流団体連合会/自らが変革する強い意志を持ち、物流業の更なる発展を(平成30年の年頭にあたり)

最新の記事

月別に見る

下記のプルダウンメニューでご覧下さい。

【物流ニュースリリースtop】

物流ニュース検索

「国土交通省」
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!

イー・ロジットへの資料請求・お問合せ