物流ニュース、ロジスティクス情報 

物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

シーアールイー/「CREロジスティクスファンド投資法人」 東京証券取引所不動産投資信託証券市場に2018年2月上場へ

「CREロジスティクスファンド投資法人」 東京証券取引所不動産投資信託証券市場に2018年2月上場へ

株式会社シーアールイー(以下、「CRE」といいます。)の100%子会社であるCREリートアドバイザ ーズ株式会社が資産の運用を行う「CREロジスティクスファンド投資法人」(以下、「本投資法人」とい います。)が、本日、株式会社東京証券取引所より、本投資法人の投資口の東京証券取引所不動産投資信託 証券市場への上場について承認を得ましたので、お知らせいたします。上場日は2018年2月7日を予定してい ます。 CREは、物流不動産の賃貸、管理、開発及び仲介まで、一連のサービスを幅広く提供しており、前身か らの50年以上におよぶ業歴から得た物流不動産の管理運営の知見・ノウハウ、並びに開発の実績を有してお ります。2017年10月末現在、物流不動産を中心に約1,400物件、約458万㎡の不動産の管理運営を行っており、 物流不動産特化の管理会社としては、国内最大規模となります。開発事業においては、テナントニーズに応 える良質な物流不動産25物件、合計延床面積約50万㎡の実績を有しており、有効活用事業においては1,000棟 を超える中小型物流不動産を手掛け、マスターリースへのバリューチェーンを構築しております。 本投資法人は、物流関連施設を主な投資対象とする上場不動産投資法人として、日本最大級の物流不動産 特化型管理会社であるCREの強みを活用します。本投資法人は「立地」「基本仕様」並びに「拡張性及び 快適性」に着眼して開発した「テナントニーズに応える良質な物流関連施設」への投資を通じ、質の高いポ ートフォリオの構築と着実かつ安定的な資産運用を図り、投資主価値の最大化を目指します。 本投資法人は、「保有・運用」の機能に特化し、主にCREが開発したテナントニーズに応える良質な物 流関連施設の取得を行うことにより、CREは更なる開発に向けた資金の確保ができ、良質な物流関連施設 の開発を促進することができます。また、CREが本投資法人にこれらの物件を供給することによって、本 投資法人はその外部成長戦略を推進することができます。 さらに、CREが本投資法人の保有物件の管理・運営を受託することにより、CREに管理・運営に関す るノウハウ等が更に蓄積され深化することが期待でき、本投資法人は、そのようなCREの管理・運営能力 を最大限に取り込むことも可能となると考えています。 CREグループは、2016年9月に公表した長期経営方針にて、受託資産残高の拡大によってアセットマネ ジメント事業を不動産管理事業に次ぐ第2のストックビジネスの柱へ成長させることを打ち出しておりま す。CRE開発物件を本投資法人に売却した後も、アセットマネジメントの受託等を通じて、CREグルー プが継続的に関与することができ、収益拡大が可能になると考えております。

ご注意:本報道発表文は、CREロジスティクスファンド投資法人の投資口の上場承認に関して一般に公表するための文書であり、 投資勧誘を目的として作成されたものではありません。投資を行う際は、必ずCREロジスティクスファンド投資法人が 作成する新投資口発行及び投資口売出届出目論見書並びにその訂正事項分をご覧頂いた上で、投資家ご自身の判断でなさ れるようにお願いいたします。

◆投資法人の概要

名称 CREロジスティクスファンド投資法人 コード 3487

銘柄略称 R-CREロジ

所在地 東京都港区虎ノ門二丁目 10 番 1 号

設立 2016 年 5 月 12 日

登録 2016 年 6 月 1 日(関東財務局長 第 120 号)

代表者

執行役員 伊藤 毅

◆資産運用会社概要

名称 CREリートアドバイザーズ株式会社

所在地 東京都港区虎ノ門二丁目 10 番 1 号

設立 2006 年 7 月 6 日

資本金 50,000,000 円

事業内容

投資運用業

代表者

代表取締役社長 伊藤 毅

認可・登録

金融商品取引業 関東財務局長(金商)第 1325 号 宅地建物取引業 東京都知事(3)第 87859 号 取引一任代理等の認可

国土交通大臣認可第 104 号 総合不動産投資顧問業の登録 総合‐000138 号

株主 株式会社シーアールイー(100%)

ご注意:本報道発表文は、CREロジスティクスファンド投資法人の投資口の上場承認に関して一般に公表するための文書であり、 投資勧誘を目的として作成されたものではありません。投資を行う際は、必ずCREロジスティクスファンド投資法人が 作成する新投資口発行及び投資口売出届出目論見書並びにその訂正事項分をご覧頂いた上で、投資家ご自身の判断でなさ れるようにお願いいたします。