川崎汽船/タイの倉庫・コンテナデポ運営会社がISO28000 / C-TPAT認証を取得|物流ニュース、ロジスティクス情報 
TOP物流ニュース物流全般:川崎汽船/タイの倉庫・コンテナデポ運営会社がISO28000 / C-TPAT認証を取得

物流ニュース

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このサイトを友達に教える
メーラーにより文字化けする場合はコチラをご利用下さい。

川崎汽船/タイの倉庫・コンテナデポ運営会社がISO28000 / C-TPAT認証を取得

タイの倉庫・コンテナデポ運営会社がISO28000 / C-TPAT認証を取得

  当社の関係会社であり、タイ国内で倉庫業・コンテナヤードデポ業を運営しているK Line Container Service (Thailand) Ltd.(以下KCST社)は、この度、サプライチェーンのセキュリティーマネジメントシステム=ISO28000※1及びC-TPAT※2の認証を取得しました。タイの物流関連企業におけるISO28000及びC-TPATの認証取得事例は数少なく、先駆的事例となります。

  KCST社は1989年設立以来、地域密着型の高品質物流サービスを提供して参りました。2015年にはレムチャバン港の近郊にコンテナデポ、トラックデポ、倉庫を集約した最新鋭の物流センター(K Line Bang Phra Logistics Center)を新規開設し、現在はタイ国内で4拠点を有する総合物流企業となっております。同社はお客様よりお預かりする貨物の「安全品質」確保に着目し、その品質の証明となるISO28000及びC-TPAT認証取得に向けて、従業員一丸となって取り組んで参りました。

  川崎汽船グループでは、引き続きお客様のニーズを捉えつつ、より一層「安全品質」に留意した、高品質、高付加価値な物流サービス網をタイ国並びにアジア各国で展開し、「選ばれる"K" Line」を目指し、中期経営計画において重点課題と位置付ける物流事業をより一層強化して参ります。

※1 ISO28000:物流全体のテロ対策の一環として、物流監視機能の強化、密輸の撲滅、海賊行為・テロ攻撃の脅威への対処、そして安全なグローバルサプライチェーン体制の整備を目的とした企業、団体等の保安レベルの向上に資するための国際規格です。

※2 C-TPAT (全称: Custom-Trade Partnership Against Terrorism):米国税関が米国貿易関係者(船会社、港湾事業者、内陸輸送業者、製造者、荷主、倉庫業者など)に対し参加を呼びかけているテロ防止・治安確保のための税関・産業界提携活動のこと。参加企業はC-TPATプログラムに示された安全基準を実施し、優良と認められた場合、迅速な通関処理などのメリットが得られます。

KCST社員一同

ISO28000認証証明書(登録証)                              C-TPAT認証証明書(登録証)

        


2017年12月27日

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
東洋ゴム工業/ダイバーテック事業セグメントの化工品事業(一部を除く)のニッタへの譲渡を完了
新日鐵住金/日鉄住金鋼鉄和歌山と合併契約を締結
国土交通省/自動運航船の実用化に向けたロードマップ策定の議論を開始
レンゴー/世界包装機構「ワールドスター賞」を2点が受賞
商船三井/将来の自律航行船に繋がるAR技術を活用した航海情報表示システムを共同開発

最新の記事

月別に見る

下記のプルダウンメニューでご覧下さい。

【物流ニュースリリースtop】

物流ニュース検索

「川崎汽船」
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!

イー・ロジットへの資料請求・お問合せ