商船三井/将来の自律航行船に繋がるAR技術を活用した航海情報表示システムを共同開発|物流ニュース、ロジスティクス情報 
TOP物流ニュース物流全般:商船三井/将来の自律航行船に繋がるAR技術を活用した航海情報表示システムを共同開発

物流ニュース

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このサイトを友達に教える
メーラーにより文字化けする場合はコチラをご利用下さい。

商船三井/将来の自律航行船に繋がるAR技術を活用した航海情報表示システムを共同開発

将来の自律航行船に繋がるAR技術を活用した航海情報表示システムを共同開発 
~航海中の操船や見張りをサポートし、安全運航体制を一層強化~

船舶維新NEXT株式会社商船三井(社長:池田潤一郎、本社:東京都港区)は、古野電気株式会社(社長:古野幸男、本社:兵庫県西宮市)、および商船三井テクノトレード株式会社(社長:八田宏和、本社:東京都中央区)と共同で、拡張現実(Augmented Reality、以下AR)技術を活用した航海中の操船を支援するシステムの開発をすることで合意しました。

本取り組みは、自動船舶識別装置(Automatic Identification System;AIS)の情報をベースに、自船周囲で航行する他船やランドマーク(例:海上に存在するブイ)等の情報をタブレットやディスプレー上に表示します。併せて、船橋からの風景を撮影した映像も表示し、ARを用いて重ねて表示させることで、運航中の乗組員の操船や見張りを視覚的にサポートします。

今後は、レーダーで捉えた障害物もディスプレー上にARで重ねて表示させることや、船舶の衝突回避アルゴリズムである航行妨害ゾーン(Obstacle Zone by Target;OZT)機能を追加すること、また画像認識技術で障害物を捕捉することも視野に入れて、2018年度を目途に機能の拡充を実現していきます。また、将来の自律航行船の実現にも寄与する技術として期待します。

商船三井は、2016年11月に発表した「船舶維新NEXT~MOL SMART SHIP PROJECT~」の掲げる高度安全運航支援・環境負荷低減を推進すると共に、ICT技術を利活用したサービス向上を通じ、物流のビジネスパートナーとしてお客様に選ばれる企業グループを目指します。


航海情報のAR表示イメージ


船上における活用イメージ


2017年12月26日

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
川崎重工/川崎汽船向け164,700m3型LNG運搬船「BISHU MARU」を引き渡し
国土交通省/内航船「省エネ格付け」制度(暫定)における格付けを実施
国土交通省/自動運航船の実用化に向けたロードマップ策定の議論を開始
三菱製鋼/持分法適用関連会社であるインドネシアの特殊鋼棒鋼・ばね平鋼メーカーを子会社化
資生堂/「SCM 統括部」を解消しその一部機能を「購買部」へ統合して「サプライ・購買統括部」として再編

最新の記事

月別に見る

下記のプルダウンメニューでご覧下さい。

【物流ニュースリリースtop】

物流ニュース検索

「商船三井」
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!

イー・ロジットへの資料請求・お問合せ