川崎重工業/オフショア作業船の造船契約の合意解除に伴う特別損失を計上|物流ニュース、ロジスティクス情報 
TOP物流ニュースSCM・製造拠点:川崎重工業/オフショア作業船の造船契約の合意解除に伴う特別損失を計上

物流ニュース

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このサイトを友達に教える
メーラーにより文字化けする場合はコチラをご利用下さい。

川崎重工業/オフショア作業船の造船契約の合意解除に伴う特別損失を計上

オフショア作業船の造船契約の合意解除に伴う特別損失の計上について

 

 川崎重工は、本日の取締役会において、ノルウェーのオフショア作業船の主要船社であるIsland Offshore Shipholding LP(以下、アイランドオフショア社)の子会社との間で締結したオフショア作業船の造船契約を合意解除することを決定しました。これに伴い、平成30年3月期第3四半期連結決算において、特別損失を計上する見込みとなりましたのでお知らせいたします。

     記

1.特別損失計上に至る経緯

 ・当社は、中長期的に有望な市場である海洋開発関連分野への進出を目的として、アイランドオフショア社の子会社(注)との間で、平成25年11月にオフショア作業船(以下、本船)の造船契約を締結しました。本船は当社として初めて受注した船種であり、設計段階での不具合や材料費等の増加が発生しておりました。

 ・一方、本船受注以降、海洋開発関連業界全体が原油価格の低迷により厳しい経営環境に直面するなか、アイランドオフショア社は、平成28年11月以来、取引銀行団と財務リストラクチャリングに関する交渉を行っております。

 ・当社としては、アイランドオフショア社の財務リストラクチャリングの状況を注視しつつ、本船建造を一時中断する等慎重に対応してきました。その間、当社は本船の取扱いについて、同社と協議を重ねてきましたが、今般、海洋開発関連事業を取り巻く経営環境は依然として厳しく、先行き不透明感が払拭されないとの共通認識の下、造船契約を解除することで合意に達しました。

 ・これに伴い、平成30年3月期第3四半期連結決算において、本船に係るたな卸資産(仕掛品)の評価損計上及び売掛債権(進行基準売掛金)の損失処理等による約130億円の特別損失を計上する見込みとなりました。

 (注)Island Navigator I KS(Island Offshore Shipholding LPが100%出資する子会社)

2.今後の見通し

 本船契約の合意解除により、ブラジルプロジェクトを含む海洋開発関連分野に関わる損失処理は終了し、今後は海洋開発関連分野に投入していた人財等の経営資源をガス船を中心とした商船事業と潜水艦事業(含む、AUV:自律型無人潜水機)に集中することで、リスク管理には十分注意を払いつつ、構造改革に向けた施策を前倒しで進めていきます。

 なお、平成30年3月期通期連結業績予想につきましては、本日公表の「平成30年3月期通期連結業績予想の修正について」をご参照ください。

以上


2017年12月26日

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
キユーピー/中国 広東省広州市に4ヵ所目の生産拠点を新設
川崎重工/川崎汽船向け164,700m3型LNG運搬船「BISHU MARU」を引き渡し
関西電力/新造LNG船(当社4番船)を命名
商船三井/ブラジル沖合プレソルト層セピア鉱区向け超大水深対応FPSO 傭船事業を三井海洋開発、三井物産、商船三井、丸紅及び三井造船の5社で推進
東邦テナックス/航空機用ブレーキ材に向けた耐炎繊維の拡大展開

最新の記事

月別に見る

下記のプルダウンメニューでご覧下さい。

【物流ニュースリリースtop】

物流ニュース検索

「川崎重工業」
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!

イー・ロジットへの資料請求・お問合せ