DHL/「コンタクトセンター・アワード2017」で リーダー・オブ・ザ・イヤーを受賞|物流ニュース、ロジスティクス情報 
TOP物流ニュース物流全般:DHL/「コンタクトセンター・アワード2017」で リーダー・オブ・ザ・イヤーを受賞

物流ニュース

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このサイトを友達に教える
メーラーにより文字化けする場合はコチラをご利用下さい。

DHL/「コンタクトセンター・アワード2017」で リーダー・オブ・ザ・イヤーを受賞

DHL、「コンタクトセンター・アワード2017」で リーダー・オブ・ザ・イヤーを受賞

DHL Article
リーダー・オブ・ザ・イヤーを授与されたDHLジャパン カスタマーサービス本部 大阪カスタマーコンタクトセンター、センター長の梁川昌代
DHLジャパンは、2005年のプロダクティビティ賞の受賞に始まり、2006年に金賞とプロフィット賞、2007年に銀賞とプロダクティビティ賞、2012年および2014年に最優秀ピープル部門賞、2015年にはオペレーション部門賞を受賞するなど、団体に授与される部門賞では8度の受賞歴があります。タクトセンターの表彰制度である、「コンタクトセンター・アワード2017」(主催:株式会社リックテレコム コンピューターテレフォニー編集部、共催:イー・パートナーズ有限会社)にて、DHLジャパン株式会社(代表取締役社長:山川丈人 本社:東京都品川区)カスタマーサービス本部大阪カスタマーコンタクトセンター、センター長の梁川昌代が、リーダー・オブ・ザ・イヤーを受賞しました。

「リーダー・オブ・ザ・イヤー」は、コンタクトセンターの資産である人材を評価する目的で2014年に創設された個人アワードで、業界における模範的なプロフェッショナルと認められた現場のマネジメントに贈られます。DHLジャパンは今回の梁川の受賞により、4年連続受賞の快挙を成し遂げました。

梁川の受賞は、チームメンバーに気づきを促すフィードバックやコーチングを強化、またミステリーショッパーなどお客様対応のブラッシュアップを目指した様々な取り組みにCSアドバイザーを参画させることで、アドバイザーのスキルおよびモチベーションの向上のみならず、結果としてスタッフ定着率の大幅な向上も達成した点が高く評価されました。また、お客様のニーズをより深く理解することによるコンサルティング能力向上に資した会社売上への貢献も成し遂げています。

DHLジャパンは、2005年のプロダクティビティ賞の受賞に始まり、2006年に金賞とプロフィット賞、2007年に銀賞とプロダクティビティ賞、2012年および2014年に最優秀ピープル部門賞、2015年にはオペレーション部門賞を受賞するなど、団体に授与される部門賞では8度の受賞歴があります。

リーダー・オブ・ザ・イヤーのロゴ
 


2017年12月20日

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
川崎汽船/南アフリカ共和国向け児童図書の無償海上輸送協力に対する感謝状を受領
シーネット/2018年1月より音声認識システムのAndroid版を販売開始
日本梱包運輸倉庫/AEO管理室 を新設
豊田自動織機/トヨタL&Fカンパニーの組織を変更
航空貨物運送協会/11月の国際航空混載輸出貨物は重量で前年比114・28%

最新の記事

月別に見る

下記のプルダウンメニューでご覧下さい。

【物流ニュースリリースtop】

物流ニュース検索

「DHL」
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!

イー・ロジットへの資料請求・お問合せ