商船三井/海上職社員が横浜港で社会科見学に協力 |物流ニュース、ロジスティクス情報 
TOP物流ニュース物流全般:商船三井/海上職社員が横浜港で社会科見学に協力

物流ニュース

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このサイトを友達に教える
メーラーにより文字化けする場合はコチラをご利用下さい。

商船三井/海上職社員が横浜港で社会科見学に協力

海上職社員が横浜港で社会科見学に協力 
~国際物流の現場で船員の仕事について学ぶ機会を提供~


本物の航海士と船を前に熱気が上がる校外学習

株式会社商船三井(社長:池田潤一郎、本社:東京都港区、以下「商船三井」)は12月7日、相模女子大学小学部(校長:竹下昌之、所在地:神奈川県相模原市)の社会科見学に協力し、横浜港本牧埠頭のシンボルタワーで、海運業や船員の仕事についての講義を行いました。

商船三井から同校への講師派遣は、2016年度に続き2回目で、横浜港シンボルタワーで実際に船を見ながら、より深い学びの場となるよう、商船三井は航海士を派遣しました。4年生65名を前にして、外航海運が生活に深く関わっていることや、船の種類・大きさ、航海士・機関士の仕事の魅力などを伝えました。生徒たちも、熱心にメモを取ったり、講師とのクイズ形式の授業を楽しみながら、海運の知識を広げました。

商船三井は今後も、よき企業市民として積極的に教育支援活動に関わるとともに、より多くの若い世代が海運業を知ることができるよう、活動を続けていきます。


2017年12月19日

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
双日食料/畜肉関連事業におけるマーケティング会社「ミートワン」を設立
商船三井/商船三井客船が「クルーズ・オブ・ザ・イヤー2017」優秀賞を受賞
楽天/ビックカメラ、新サービス「楽天ビック」提供に向けて新会社を設立
豊田通商/インドネシア製粉会社の製造能力を増強
サトー/JBCC、セイノー情報サービスと協業し「俺のクラウド」に物流現場の働き方改革を支援する新サービス

最新の記事

月別に見る

下記のプルダウンメニューでご覧下さい。

【物流ニュースリリースtop】

物流ニュース検索

「商船三井」
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!

イー・ロジットへの資料請求・お問合せ