全日本トラック協会/青年部会で社会貢献活動に係る 香川県立坂出工業高等学校への整備実習用トラックを寄贈|物流ニュース、ロジスティクス情報 
TOP物流ニュース物流全般:全日本トラック協会/青年部会で社会貢献活動に係る 香川県立坂出工業高等学校への整備実習用トラックを寄贈

物流ニュース

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このサイトを友達に教える
メーラーにより文字化けする場合はコチラをご利用下さい。

全日本トラック協会/青年部会で社会貢献活動に係る 香川県立坂出工業高等学校への整備実習用トラックを寄贈

(公社)全日本トラック協会青年部会 社会貢献活動に係る 香川県立坂出工業高等学校への整備実習用トラック寄贈について

(公社)全日本トラック協会青年部会(山本明徹部会長)は、1 2 月1 5 日(金)、 香川県坂出市の香川県立坂出工業高等学校(谷岡敏大校長)で整備実習用トラッ クの寄贈式を行った。 整備実習用トラックの寄贈は、平成2 7 年度より青年部会の社会貢献活動の一 環として行っているもので、今年度は自動車教育課程を有する高等学校で組織され ている全国自動車教育研究会(全自研)を通じて希望のあった同校(機械科)及 び東京都立六郷工科高等学校(オートモビル工学科/東京都大田区)、沖縄県立 美来工科高等学校(自動車工学科/沖縄県沖縄市)の3 校に青年部会各ブロック 大会会場などで集めた募金を原資に中古トラックを購入し、寄贈するもの。 1 2 月1 5 日に行われた同校への寄贈式では、全日本トラック協会青年部会より 四国ブロック代表の田部井優介副部会長、香川県トラック協会青年協議会 西應輝 彦会長、車両を提供した(株)誠和運輸 前田一誠取締役統括部長らが出席。 寄贈にあたり、田部井副部会長は「トラックを整備実習に使い興味を持っていた だき、トラック業界への就職のきっかけになってほしい」と挨拶を行った。 寄贈を受け、同校の谷岡校長は「限られた予算のなか、実物のトラックを実習に 使うことができるのはありがたい。有効に活用したい」と謝辞を述べた。


2017年12月18日

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
全日本トラック協会/女性部会を設立
SBSホールディングス/創業30周年を迎える
東京倉庫/新習志野物流施設を着工
ケイラインロジスティックス/静岡出張所を移転
日本貨物鉄道/日豊線の貨物列車運転を再開

最新の記事

月別に見る

下記のプルダウンメニューでご覧下さい。

【物流ニュースリリースtop】

物流ニュース検索

「全日本トラック協会」
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!

イー・ロジットへの資料請求・お問合せ