日本郵船/東京コンテナ・ターミナルが税関記念日に表彰|物流ニュース、ロジスティクス情報 
TOP物流ニュース物流全般:日本郵船/東京コンテナ・ターミナルが税関記念日に表彰

物流ニュース

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このサイトを友達に教える
メーラーにより文字化けする場合はコチラをご利用下さい。

日本郵船/東京コンテナ・ターミナルが税関記念日に表彰

日本郵船東京コンテナ・ターミナルが税関記念日に表彰
―日頃の税関行政への協力が評価―

2017年12月18日


左から
東京税関 藤城眞税関長
日本郵船東京コンテナ・ターミナル所長
勝田 真吾(所属:株式会社ユニエツクス)
 

当社が運営する日本郵船東京コンテナ・ターミナル(注)は11月28日、東京港湾合同庁舎(東京都江東区)で行われた「平成29年度税関記念日 税関業績者等表彰式」にて、東京税関長から表彰されました。

 これは、官公庁、貿易関連企業、教育機関などの要請による見学受け入れをはじめとした日頃の税関行政への協力が評価されたものです。同ターミナルは、毎年約3,000名に対しコンテナ輸送に関する解説やターミナル見学を通じて、国際貿易について学ぶことができる場を提供しています。

 当社グループは、国際物流事業者として今後も税関行政に協力します。


ターミナル見学の様子

(注)日本郵船東京コンテナ・ターミナル
大井埠頭6・7号バースを当社が東京港埠頭株式会社から借り受け、運営するターミナルであり、総面積は275,400㎡(東京ドーム約6個分)。日本を代表する国際貿易港である東京港のターミナルとして、生活と産業を支える重要な物流拠点。

以上

 
掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。

2017年12月18日

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
日本貨物鉄道/日豊線の貨物列車運転を再開
全日本トラック協会/女性部会を設立
富士通交通・道路データサービス/インクリメントPと物流分野で協業
日本郵船/JERA向け新造LNG船を「PACIFIC MIMOSA」と命名
日本郵船/「クルーズ・オブ・ザ・イヤー2017」優秀賞を当社グループでダブル受賞

最新の記事

月別に見る

下記のプルダウンメニューでご覧下さい。

【物流ニュースリリースtop】

物流ニュース検索

「日本郵船」
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!

イー・ロジットへの資料請求・お問合せ