物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

SGホールディングス/都内を走る佐川急便1,000台の集配車両でナンバープレートを衣替え

【SGホールディングス】都内を走る佐川急便1,000台の集配車両でナンバープレートを衣替え!(2017/12/14)

SGホールディングス株式会社では、傘下の佐川急便株式会社が保有し東京都内を走る集配車両1,000台で、国土交通省が推進する「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会特別仕様ナンバープレート」への変更を実施しました。

この特別仕様ナンバープレートは、国土交通省において東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の国民的機運の醸成を図るために実施しているものであり、今年10月10日より交付が開始されました。この国土交通省の取り組みに賛同し、特別仕様ナンバーの導入を積極的に実施しております。

今回ナンバープレートを変更するのは都内を走行する佐川急便の車両1,000台です。佐川急便の車両は、生活・ビジネスのインフラ網として日々街中を走っており、みなさまの目に触れる機会が多くあることから、この取り組みの認知向上に寄与できると考え実施いたしました。

SGホールディングスグループでは、今後もさまざまな活動を通じて、安心・安全の物流を担う事業者の一員として社会に貢献できる取り組みを進めてまいります。

概要

実施期間 2017年11月6日より順次取り付け開始
対象車両 東京都内を走行する佐川急便の集配車両(12月5日現在:1,000台)
(内訳:中央区217台 港区204台 千代田区118台 渋谷区170台 江東区129台 新宿区162台)

「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会特別仕様ナンバープレート」について

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催記念、さらにナンバープレート交付時の寄付金(1,000円/台~)による大会開催に必要な交通サービスの改善(バス・タクシーのバリアフリー化等)を目的とした国土交通省の取組みです。アジア初のラグビーワールドカップ2019年開催記念の日本初特別仕様ナンバープレートに続き、第2弾の交付となります。本デザインはさまざまな色や光の表現によって個人の多様性や未来の社会への希望を表現したもので、2020年以降も未来にわたって使用でき、評価が得られる作品として公募で選ばれました。