三井住友海上火災保険/倉庫内の事故防止に向けた従業員学習ツール、リスク感知能力養成アプリ「リスクハンター」を開発|物流ニュース、ロジスティクス情報 
TOP物流ニュース物流全般:三井住友海上火災保険/倉庫内の事故防止に向けた従業員学習ツール、リスク感知能力養成アプリ「リスクハンター」を開発

物流ニュース

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このサイトを友達に教える
メーラーにより文字化けする場合はコチラをご利用下さい。

三井住友海上火災保険/倉庫内の事故防止に向けた従業員学習ツール、リスク感知能力養成アプリ「リスクハンター」を開発

~倉庫内の事故防止に向けた従業員学習ツール~

リスク感知能力養成アプリ「リスクハンター」を開発

MS&ADインシュアランス グループの三井住友海上火災保険株式会社(社長:原 典之)は、 スマートフォン向けリスク感知能力養成アプリ「リスクハンター」の提供を、12月から開始しました。 「リスクハンター」は、360度カメラで撮影した倉庫内の映像を見ながら、危険がある場所を探し、 画面をタッチする学習ツールです。主に物流事業者の従業員を対象に、スマートフォンを操作しながら ゲーム感覚で学ぶことができ、貨物事故防止にご活用いただけます。 当社は、今後もお客さまニーズにお応えし、事故防止につながるサービスの提供に努めていきます。

1.開発の背景

近年の労働力不足を背景に、非熟練労働者やアルバイト従業員が増加しており、企業の安全管理者に とって貨物事故の防止が重要な課題となっています。こうした課題の解決を支援するため、当社は 本アプリを開発しました。

2.リスク感知能力養成アプリ「リスクハンター」の概要

(1)対象者

全ての法人企業(当社のご契約者以外も利用可能)

(2)利用方法

お客さまから当社へ所定の利用申込書を提出いただき、当社は専用ページのURLとID・パス ワードを企業の安全管理者の方へご案内します。管理者は専用ページにて従業員毎の成績 状況等を確認することができます。

(3)利用料:無料

※ただし、アプリをダウンロードする際の通信費は、スマートフォン等の端末を所有する方のご負担となります

(略)

以下、詳細は下記アドレスを参照ください。

~倉庫内の事故防止に向けた従業員学習ツール~
リスク感知能力養成アプリ「リスクハンター」を開発 (264.4KB)PDFファイル


2017年12月13日

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
日立物流/2017年の主なトピックスを公表
日本貨物鉄道/11月のコンテナ・車扱の合計は前年比 101・7%
SBSロジコム/ウェブサイトの施設移転サービスを全面リニューアル
国土交通省/「港湾の中長期政策『PORT 2030』中間とりまとめ」を公表
SGホールディングス/都内を走る佐川急便1,000台の集配車両でナンバープレートを衣替え

最新の記事

月別に見る

下記のプルダウンメニューでご覧下さい。

【物流ニュースリリースtop】

物流ニュース検索

「三井住友海上火災保険」
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!

イー・ロジットへの資料請求・お問合せ