山九/対日理解促進交流プログラム「JENESYS2017」を 受け入れ|物流ニュース、ロジスティクス情報 
TOP物流ニュース物流全般:山九/対日理解促進交流プログラム「JENESYS2017」を 受け入れ

物流ニュース

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このサイトを友達に教える
メーラーにより文字化けする場合はコチラをご利用下さい。

山九/対日理解促進交流プログラム「JENESYS2017」を 受け入れ

対日理解促進交流プログラム「JENESYS2017」 受け入れについて

山九株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:中村公大)は 12 月 1 日、一般財団 法人日本国際協力センター(以下、JICE)より「JENESYS2017」の参加者を受け入れ、研修 を実施いたしました。 このプログラムは日本の物流体系を学ぶことを目的としており、当社のアジア地域での展 開が評価され、JICE より受け入れ先として選出されました。今回、東南アジア各国から訪日 した 30 名(カンボジア:6 名、タイ:6 名、ベトナム:6 名、ミャンマー:6 名、ラオス:6 名)を受け入れ、当社の事業概要、港湾業務に関する研修や、実際の現場である横浜港本牧 ふ頭ターミナルの見学ツアーを開催しました。 今後も山九グループは、アジア地域事業の発展に貢献してまいります。

「JENESYS2017」とは

日本政府が推進する国際交流事業である「対日理解促進交流プログラム」のアジア大洋 州地域を対象とした交流事業で、人的交流を通じて対日理解の促進を図るとともに、 対外 発信力を有する業界関係者等を招聘し、日本の多様な魅力を発信してもらうことを目的と したプログラム。


2017年12月12日

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
JAL/国際貨物の燃油サーチャージ改定を申請
国土交通省/過積載車両の荷主対策の試行を開始
SBS鎌田財団/奨学金給付事業を開始
国土交通省/標準貨物利用運送約款を改正

最新の記事

月別に見る

下記のプルダウンメニューでご覧下さい。

【物流ニュースリリースtop】

物流ニュース検索

「山九」
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!

イー・ロジットへの資料請求・お問合せ