物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

ヤマトクレジットファイナンス/「クロネコあんしん決済サービス」をBtoB決済サービス「クロネコ掛け払い」へリニューアル

ご利用限度額を業界最高水準まで引き上げた
BtoB決済サービス「クロネコ掛け払い」へリニューアル

ヤマトグループのBtoB決済 クロネコ掛け払い

ヤマトホールディングス傘下のヤマトクレジットファイナンス株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:草野 祥一 以下、YCF)は、BtoB(企業間)決済サービス「クロネコあんしん決済サービス」のご利用限度額等を拡大し、新名称「クロネコ掛け払い」として12月12日よりリニューアルいたします。

1.背景

一般的な企業間取引では、購入した商品の代金を一定期間分まとめて後日支払いをする掛売りが主流となっています。しかし、中小規模の事業者の中には、代金の未回収のリスクや、請求書発行・集金などの業務負荷がかかることから、取引先からの掛売り希望に対応出来ない、積極的な新規開拓が出来ないといった悩みがありました。

また、近年ではWEB上で商取引をおこなうBtoB-ECも広がっており、日本国内におけるBtoB-ECの市場規模は2016年に291兆円に、物販分野における全ての商取引金額に対する電子商取引市場規模の割合は28.3%に達しています(※1)。電話やFAXの受注、集金などの作業をEC化することで、人件費などのコストが抑えられることから、新規事業や一部の取引をEC化し、取引を拡大したいという企業も増えています。

YCFでは、2008年よりBtoB決済サービスである「クロネコあんしん決済サービス」を提供し、ヤマトグループ独自の与信システムによる審査スピードの高速化、請求関連業務の代行による業務負荷の削減、未回収リスクの保証など売り手企業の業務効率改善と事業拡大をサポートしてきました。BtoB-ECに対してもヤマトグループのサービスと連携することで、ECサイトの構築から顧客の成長段階に合わせたソリューションの提供まで、EC向けのトータルサポートを行っています。

このたびのリニューアルでは、ご利用限度額の引上げや、初期登録費用の無料化など、新たに掛売りを希望する企業がより導入しやすくなるようなサービスの拡充を行いました。

※1:経済産業省「平成28年度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)」

2.サービスの特徴ならびに変更点

「クロネコ掛け払い」は、買い手企業への与信調査から、請求書発行、集金等の業務を売り手企業に代わっておこなうサービスです。買い手企業の支払いや、売り手企業の売掛金未回収リスクをYCFが保証します。

今回のリニューアルでは、買い手企業1社あたりのご利用限度額を30万円から60~2,000万円に引き上げ、初期登録費用が無料となります。

サービスの特徴ならびに変更点

(参考)「クロネコ掛け払い」サービスイメージ

(参考)「クロネコ掛け払い」サービスイメージ

(参考)「クロネコ掛け払い」導入による売り手企業の業務負荷削減イメージ

(参考)「クロネコ掛け払い」導入による売り手企業の業務負荷削減イメージ

3.今後の展開

ヤマトグループとしての強みを活かした横断的な連携により、サービスの更なる拡充に取り組むとともに、今後もお客様の課題解決に役立つサービスの提供を進めてまいります。