日本貨物航空/1月1日以降の日本発国際航空貨物燃油サーチャージ適用額を変更|物流ニュース、ロジスティクス情報 
TOP物流ニュース物流全般:日本貨物航空/1月1日以降の日本発国際航空貨物燃油サーチャージ適用額を変更

物流ニュース

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このサイトを友達に教える
メーラーにより文字化けする場合はコチラをご利用下さい。

日本貨物航空/1月1日以降の日本発国際航空貨物燃油サーチャージ適用額を変更

2018年1月1日以降の日本発国際航空貨物燃油サーチャージ適用額変更について

日本貨物航空株式会社(NCA、本社:千葉県成田市、社長:坂本 深)は、当社が燃油指標価格に用いている2017年11月の平均燃油価格が1バレルあたり74.16ドルとなったことを受け、スキームに基づき、2018年1月1日以降の日本発国際航空貨物燃油サーチャージ適用額の改定を2017年12月6日付で国土交通省へ申請いたしました。

  1. 適用金額
    TC1(主に北米・中南米)宛
    58円/Kg
    TC2(欧州・アフリカ・中近東)宛
    58円/Kg
    TC3遠距離(下記以外のTC3)宛
    49円/Kg
    TC3近距離(香港・中国・台湾)宛
    41円/Kg
  2. 適用開始日2018年1月1日 発行の航空運送状より
  3. 燃油サーチャージ適用表・減額及び廃止条件別紙参照

2017年12月 7日

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
日本郵船/大連と上海の海事大学で17年連続で奨学金を授与
西濃運輸/「こども宅食」がペアレンティングアワード、コト部門を受賞
星光堂/音楽・映像商材の卸売事業を平成 30 年 3 月 1 日付けでハピネットの 100%子会 社(株式会社星光堂マーケティング(予定))が承継
新日鉄住金エンジニアリング/大型物流施設「LOGI FRONT越谷Ⅰ」が着工
上組/ミャンマー・ティラワ地区港におけるバルクターミナル開発・運営の為の事業会社が設立

最新の記事

月別に見る

下記のプルダウンメニューでご覧下さい。

【物流ニュースリリースtop】

物流ニュース検索

「日本貨物航空」
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!

イー・ロジットへの資料請求・お問合せ