グローバル・ロジスティック・プロパティーズ/GLP座間が「平成29年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰」を受賞 |物流ニュース、ロジスティクス情報 
TOP物流ニュースグリーン物流(環境):グローバル・ロジスティック・プロパティーズ/GLP座間が「平成29年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰」を受賞

物流ニュース

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このサイトを友達に教える
メーラーにより文字化けする場合はコチラをご利用下さい。

グローバル・ロジスティック・プロパティーズ/GLP座間が「平成29年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰」を受賞

GLP座間が「平成29年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰」を受賞  

先進的物流施設のリーディングプロバイダーであるグローバル・ロジスティック・プロパティーズの日本法人、グローバル・ロジスティック・プロパティーズ株式会社(本社所在地:東京都港区、代表取締役社長:帖佐義之(以下「GLP」))は、2015年6月に竣工した「GLP座間」(所在地:神奈川県座間市、延床面積:131,762 m2)の開発により、このたび「平成29年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰」を受賞しましたのでお知らせします。

これは、環境省が平成10年度から地球温暖化対策推進の一環として、毎年、地球温暖化防止月間である12月に、地球温暖化防止に顕著な功績のあった個人又は団体に対し、その功績をたたえるため、地球温暖化防止活動環境大臣表彰を行っているものです。

「GLP座間」は、広大な敷地内に緑地を積極的に取り入れて、CO2排出削減になる構造部材の採用や広大な屋根面積を活かした太陽光発電設備の設置を行うとともに、全館LED照明の採用、井水・雨水の中水利用などより設備システムの高効率化を図り、CO2換算にて年間合計3,867トンの削減効果を達成しました。加えて米国グリーンビルディング協会による環境性能評価システム(LEED認証)では、最高レベル「LEEDプラチナ」を取得しています。今回の「対策技術先進導入部門」での受賞はこうした地球温暖化対策に対する取り組みが評価されたものです。

12月4日に東京都内の表彰式にて、とかしきなおみ環境副大臣よりGLP代表取締役社長の帖佐 義之に表彰状が授与されました。

 

dsc_0038_1280x900.jpg

とかしきなおみ環境副大臣(左)より表彰状を授与された帖佐社長


2017年12月 4日

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
横浜冷凍/Hofseth Aqua ASの所有する養殖場がASC認証を取得
シーアールイー/「倉庫・物流不動産 マーケットレポート(β版)」を発行
ケネディクス/物流施設、既存物件の空室の消化が続く
佐川急便/持続可能な社会づくり活動表彰において「(公社)環境生活文化機構 会長賞」を受賞
サカイ引越センター/11月の月次売上は前年比108・1%

最新の記事

月別に見る

下記のプルダウンメニューでご覧下さい。

【物流ニュースリリースtop】

物流ニュース検索

「グローバル・ロジスティック・プロパティーズ」
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!


イー・ロジットへの資料請求・お問合せ