日本貨物鉄道/東北・北関東・信越地区を中心に石油ターミナル運営事業を展開する「日本オ イルターミナル」と九州・北海道・東北地区で潤滑油等物流事業を展開する「オー・ エル・エス」の2社を再編|物流ニュース、ロジスティクス情報 
TOP物流ニュース物流全般:日本貨物鉄道/東北・北関東・信越地区を中心に石油ターミナル運営事業を展開する「日本オ イルターミナル」と九州・北海道・東北地区で潤滑油等物流事業を展開する「オー・ エル・エス」の2社を再編

物流ニュース

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このサイトを友達に教える
メーラーにより文字化けする場合はコチラをご利用下さい。

日本貨物鉄道/東北・北関東・信越地区を中心に石油ターミナル運営事業を展開する「日本オ イルターミナル」と九州・北海道・東北地区で潤滑油等物流事業を展開する「オー・ エル・エス」の2社を再編

JR貨物グループ会社の再編について

JR貨物グループは、総合物流企業グループとして事業展開を図るためにグループ会社の 再編に取り組んでおります。 このたび、東北・北関東・信越地区を中心に石油ターミナル運営事業を展開する「日本オ イルターミナル㈱」と、九州・北海道・東北地区で潤滑油等物流事業を展開する「㈱オー・ エル・エス」の2社を以下のとおり再編いたします。

1.再編の目的

 両社の持つ経営資源を結合させることで、潤滑油等の石油関係品および有機化学品 等の危険品およびその関連品をターゲットに、倉庫保管・トラック輸送・鉄道輸送 を結合させた危険品総合物流事業の全国展開を図ります。

 危険品総合物流事業の拡大による外部収入の拡大と会社経営基盤の強化を図ること で、エネルギー需要構造変化に伴う石油需要減少の影響を受けつつある石油ターミ ナル事業を安定的に運営し、当社の使命である内陸部への石油供給責任を果たして まいります。

 上記を通じ、JR貨物グループとして鉄道輸送を基軸とした総合物流企業グループ としての事業展開をすすめてまいります。

2.再編の概要

(1)再編関係会社

① 日本オイルターミナル㈱

② ㈱オー・エル・エス

(2)再編方式

①再編形態

日本オイルターミナル㈱を存続会社とする吸収合併

②再編期日

平成 30 年 1 月 1 日

(3)再編新会社の概要

①社 名

日本オイルターミナル株式会社 JAPAN OIL TERMINAL & LOGISTICS CO.,LTD

②資本金 800 百万円

③本 店

東京都千代田区有楽町一丁目 10 番 1 号

※現 日本オイルターミナル㈱ 本社事務所

④代表者

代表取締役社長 宮澤 幸成

⑤従業員数 270 名

⑥URL http://www.oil-terminal.co.jp/


2017年11月29日

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
日本貨物鉄道/役員の人事異動を公表
日本貨物鉄道/2019年度新卒採用サイトをオープン
日本郵便/熊本中央郵便局で使用する郵趣のための押印サービスの特別日付印を変更
東日本高速道路/東関東自動車道水戸線(鉾田IC~茨城空港北IC間)が平成30年2月に開通
日本貨物鉄道/子会社の東京液体 化成品センターの株式を日陸に譲渡

最新の記事

月別に見る

下記のプルダウンメニューでご覧下さい。

【物流ニュースリリースtop】

物流ニュース検索

「日本貨物鉄道」
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!

イー・ロジットへの資料請求・お問合せ