ジャパン マリンユナイテッド/次世代省エネ型VLCC「GEM NO.5」を命名・引渡し|物流ニュース、ロジスティクス情報 
TOP物流ニュース物流全般:ジャパン マリンユナイテッド/次世代省エネ型VLCC「GEM NO.5」を命名・引渡し

物流ニュース

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このサイトを友達に教える
メーラーにより文字化けする場合はコチラをご利用下さい。

ジャパン マリンユナイテッド/次世代省エネ型VLCC「GEM NO.5」を命名・引渡し

次世代省エネ型VLCC"GEM NO.5"命名・引渡し
2017.11.28

 ジャパン マリンユナイテッド株式会社(本社:東京都港区、社長:三島 愼次郎)は、11月28日(火)、有明事業所(熊本県玉名郡長洲町)にて建造していた、環能海運股份 有限公司(本社:台北)発注、GEM NO.5 MARITIME CORPORATION(ジーイーエム ナンバーファイブ マリタイム コーポレーション)向けVLCC "GEM NO.5(ジーイーエム ナンバーファイブ)"を引き渡しました。
 
 本船は、次世代省エネ型タンカー"G-Series VLCC"として、スポットトレード向け最適船型として累計35隻以上の建造実績を誇る2百万バレル型VLCCの系譜を受け継ぎ、最新規則を適用しつつ燃費性能の大幅向上を目指して開発しました。
 VLCCとしてはコンパクトな船型ながら、浅喫水時の載貨重量最大化を追求し、マラッカ海峡通峡を含む東西トレードに対応できるフレキシビリティーを持っています。

 当社独自の技術として、最新鋭の省エネデバイスである新型Super Stream Duct®、SURF-BULB®、ALV-Fin®、および実海域性能の向上を目的とした船首形状Ax-Bow®を採用しています。また、低回転・ロングストロークタイプのG型エンジン(NOx Tier II対応 電子制御主機関)と高効率の大直径プロペラの採用により、従来船を大幅に上回る性能を達成しました。

【本船概要】
主要寸法     :全長330.0m x 幅60.00m x 深さ29.35m x 喫水21.58m
載貨重量     :302,650トン
総トン数      :156,501
主機関       :MAN B&W 7G80ME-C9.5
航海速力     :15.80ノット
定員        :34名
船級        :ABS
船籍        :パナマ


2017年11月28日

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
井本商運/499G/T 型船「たちばな」進水
川崎汽船/Australian Shipping and Maritime Awardsにて部門最優秀賞を受賞
DOWAホールディングス/インドにおいて自動車向けアルミ溶解炉の製造・販売を開始
富士通/ARTCと未来の工場を見据えた スマート製造ソリューションの共同開発に向けてMOUを締結

最新の記事

月別に見る

下記のプルダウンメニューでご覧下さい。

【物流ニュースリリースtop】

物流ニュース検索

「ジャパン マリンユナイテッド」
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!

イー・ロジットへの資料請求・お問合せ