井本商運/499G/T 型船「たちばな」進水|物流ニュース、ロジスティクス情報 
TOP物流ニュース物流全般:井本商運/499G/T 型船「たちばな」進水

物流ニュース

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このサイトを友達に教える
メーラーにより文字化けする場合はコチラをご利用下さい。

井本商運/499G/T 型船「たちばな」進水

499G/T 型船「たちばな」進水

井本商運株式会社(本社:神戸市)は、11 月 28 日に 499G/T 型コンテナ専用船「たちばな」1,360D/W、 137TEU 積(船主:井本船舶株式会社)の進水式を大分県の三浦造船所にて行い、弊社社長夫人の支綱 切断により、力強く進水しました。

当社は、2004 年からコスト削減を目指し大型化の道を歩んで参りました。しかし、貨物や航路の特 性を考慮した結果、これからも 499G/T 型船のニーズがあると判断し、今年 3 月に「ときわ(118TEU 積み)」、4 月に「たからづか(121TEU 積み)」と相次いで 499G/T 型船を就航させてまいりました。 本船は 2015 年 12 月に座礁全損した 499G/T 型船「つるみ」の後継船として建造されました。 上記 2 船に続く本年度 3 隻目の最新型 499G/T 型船となります。 本船は、顧客の多様なニーズに対応するために、「たからづか」「ときわ」を上回る 137TEU 積とし、 冷凍コンテナを最大 40 本積載可能としました。また、火薬類、低引火性液体などの危険品コンテナを 艙内及びデッキ上に 20 フィートコンテナで 30 本搭載可能とするなど、最新の技術及び設備を備えてお ります。 本船は、来年 1 月末頃に引き渡しを受け、瀬戸内・九州航路に就航する予定です。 当社は今後も、国際フィーダー貨物と国内貨物(動脈・静脈)のモーダルシフトによる海上コンテナ 輸送の拡大を目指し、国際コンテナ戦略港湾及び我が国流通のさらなる省エネ化、低コスト化、多ルー ト化に寄与していく所存であります。

<会社概要>

資本金 :95 百万円

事業内容:内航海運業

設立 :1973 年(昭和 48 年)

本社 :神戸市

社長 :井本隆之

売上 :104 億円(2016 年度)


2017年11月28日

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
三井造船/世界最大級310,000トン型VLCC「キリシマ」引き渡し
ジャパン マリンユナイテッド/次世代省エネ型VLCC「GEM NO.5」を命名・引渡し
日本貨物鉄道/東北・北関東・信越地区を中心に石油ターミナル運営事業を展開する「日本オ イルターミナル」と九州・北海道・東北地区で潤滑油等物流事業を展開する「オー・ エル・エス」の2社を再編
国土交通省/海上輸送の安全にかかわる情報(平成28年度)を公表
富士通/ARTCと未来の工場を見据えた スマート製造ソリューションの共同開発に向けてMOUを締結

最新の記事

月別に見る

下記のプルダウンメニューでご覧下さい。

【物流ニュースリリースtop】

物流ニュース検索

「井本商運」
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!

イー・ロジットへの資料請求・お問合せ