物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

三井造船/世界最大級310,000トン型VLCC「キリシマ」引き渡し

2017年11月28日
世界最大級310,000トン型VLCC「キリシマ」引き渡し
-エコシップ「neoVLCC」の1隻目竣工-

 キリシマ

三井造船株式会社(社長:田中 孝雄)は、千葉事業所にて建造中でありました、パナマ国ASIASHIP MARITIME S.A.社向けVLCC(超大型油タンカー)「キリシマ」(KIRISHIMA、当社第1932番船)をこのほど完成し、本日同事業所にて引き渡しました。

本船は、日本の主要港への入港を考慮した主要目として最大級の載貨重量と貨物油タンク容積をもつVLCCであり、次世代型エコシップとして燃費性能に優れる「neoVLCC」の1番船で、66,000重量トン型「neo66BC」に始まる当社のエコシップタイプのラインナップ「neoシリーズ」の第5弾の建造船となります。





主 要 目
全長 339.5m
幅(型) 60.00m
深さ(型) 28.50m
総トン数 159,793
載貨重量トン数 312,539トン
主機関 三井-MAN B&W  7G80ME-C9.5ディーゼル機関 1基
最大搭載人員 36人
船籍 パナマ
引渡日 2017年11月28日

特長
  • 日本の主要港への入港を考慮した主要目にて、VLCCとして最大級の載貨重量310,000トンを確保するとともに、様々な省エネ技術を駆使することで推進性能を向上させ、輸送効率向上を図ったneoVLCCの1番船である。
  • 最新の船首形状および船尾形状の採用、高効率プロペラ、省エネ装置装備により、省エネルギ-化および環境性能を向上させている。
  • MARPOL条約のSOx排出規制強化に対応する低硫黄燃料油タンクを配備し、さらに就航後の排ガス浄化システム(SOxスクラバ)の搭載を考慮した機関室配置としている。また、原油気化ガスの大気放出を防ぐシステム(VECS)を搭載し、環境保護に配慮している。
  • 主機関には最新のG型電子制御エンジンである三井-MAN B&W 7G80ME-C9.5ディーゼル機関を搭載し、幅広い出力域において低燃費を実現している。
  • 主機関からの排ガス熱エネルギーを回収するターボ発電機システムを採用し、主機関にターボ発電に最適なチューニングを適用することにより、補機関も含めた船全体の運航コスト低減を図っている。
  • 貨物油タンクにはIMOのPSPCに適合した塗装を施すことにより、原油に含有する硫黄分等による貨物油タンク構造の腐食への耐性向上を図っている。
  • 船橋には統合型ブリッジコンソールレイアウトを採用すると共に、最新の省エネ型オートパイロットや船舶の運航モニタリングサービス「Fleet Monitor」を搭載することで、運航支援機能の向上を図っている。
  • SOLAS条約の新騒音コードおよびMLC(海事労働条約)に対応し、船員の労働環境向上を図っている。
  • 訓練生(6名)の乗船を考慮し、36名の居住区設備を確保している。