SBSゼンツウ/生活物流部門、「第2回改善事例発表会」を開催|物流ニュース、ロジスティクス情報 
TOP物流ニュース物流全般:SBSゼンツウ/生活物流部門、「第2回改善事例発表会」を開催

物流ニュース

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このサイトを友達に教える
メーラーにより文字化けする場合はコチラをご利用下さい。

SBSゼンツウ/生活物流部門、「第2回改善事例発表会」を開催

生活物流部門、「第2回改善事例発表会」を開催

-改善事例の相互共有で、さらなる物流品質の向上に繋げます-

関東をはじめ東北、北陸、中部、関西、中国、九州地域において、冷凍・冷蔵・青果・ドラ イの4温度帯食品物流を展開するSBSゼンツウ株式会社(社長:近藤治水、埼玉県戸田市) は、11 月 18 日、埼玉県戸田市のあいパル上戸田地域交流センターにおいて「第2回改善事例 発表会」を開催いたしましたのでお知らせいたします。

SBSゼンツウは、4温度帯の食品宅配を担当する生活 物流部門において物流品質の向上を目指し、全国 60 の全営 業所で改善活動に取り組んでおります。また、昨年からそ の活動成果の顕彰と、優れたノウハウの共有を目的とし「改 善事例発表会」を開催、今年で2回目を迎えました。 当発表会では、昨年より2チーム多い 10 チームが、予選 会を勝ち抜いて出場。各チームとも 12 分間の持ち時間の中 で、営業所の紹介から、問題点の洗い出し、課題設定、改 善プロセスと実施結果、その評価まで、時折ユーモアも交 えながら簡潔なプレゼンテーションを行いました。 採点は「発表」「資料の完成度」「発想・行動力」「改善効 果」から6つの審査項目を設け、10 名の審査員による投票 方式で行いました。その結果、ステークホルダーを広く巻 き込みながら3種類の改善活動を推進した「パル宅配、江 東営業所」が優勝しました。 担当執行役員・尾崎徳和は「昨年より格段にレベルが向 上した」と評価、10 チーム其々に講評と激励のメッセージ を送りました。また、優勝した江東営業所の所長・下平は 「改善活動は、指示ではなく乗務員一人ひとりが主体的に 取り組むことが大切。メンバー全員に感謝したい」とコメ ントしました。 SBSゼンツウは、今後も改善活動と事例発表会を継続 的に行ってまいります。事業所単位で切磋琢磨しながら、 互いに優れた取り組みを全社ですることで、宅配品質の底 上げと組織力の向上を図り、「創造物流」の名の下に高品質 な食品物流サービスを提供してまいります。

(略)

以下、詳細は下記アドレスを参照下さい。

PDF記事のダウンロードはこちら


2017年11月24日

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
DHL/香港セントラルアジアハブ拡張計画としてアジア貿易拡大に向け3億3,500万ユーロを投資
京都市/大原地域に鉄道輸送コンテナを用いた災害用備蓄倉庫を設置

最新の記事

月別に見る

下記のプルダウンメニューでご覧下さい。

【物流ニュースリリースtop】

物流ニュース検索

「SBSゼンツウ」
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!

イー・ロジットへの資料請求・お問合せ