日揮/住友商事、川崎汽船、政投銀らとガーナ沖油ガス田向けFPSO保有・傭船事業会社へ出資 |物流ニュース、ロジスティクス情報 
TOP物流ニュース物流全般:日揮/住友商事、川崎汽船、政投銀らとガーナ沖油ガス田向けFPSO保有・傭船事業会社へ出資

物流ニュース

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このサイトを友達に教える
メーラーにより文字化けする場合はコチラをご利用下さい。

日揮/住友商事、川崎汽船、政投銀らとガーナ沖油ガス田向けFPSO保有・傭船事業会社へ出資

ガーナ沖油ガス田向けFPSO保有・傭船事業会社への
出資に関わる件

日揮株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役会長 CEO:佐藤雅之)は、住友商事株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役 社長執行役員 CEO:中村邦晴)、川崎汽船株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:村上英三)、株式会社日本政策投資銀行(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:柳正憲)と共同で(以下「共同4社」)、マレーシアの海洋サービス事業者であるYinson Holdings Berhad(インソン・ホールディングス、以下「インソン社」)と、インソン社が全額出資するガーナ沖油ガス田向け浮体式石油・ガス生産貯蔵積出設備(以下「FPSO」(※1))の保有・傭船事業(以下「本事業」)会社であるYinson Production (West Africa) Pte Ltd(以下「YP(WA)PL社」)の株式の一部譲渡に関わる契約(以下「本契約」)を締結しましたのでお知らせします。

 本契約は、共同4社とインソン社の間で本年6月に調印された本事業への参画に関する基本合意に沿って締結されるものであり、各種前提条件が充足し、本契約が発効した時点で、共同4社は合弁会社を通じてYP(WA)PL社の株式の26%を取得します。本事業への参画にあたり、当社は、石油・ガス分野における豊富なEPC(設計・調達・建設)遂行実績を活かしたFPSOのトップサイド設備に関わる技術的サポートの面で主に貢献して参ります。

 YP(WA)PL社は、イタリア大手石油会社Eni SPA傘下のEni Ghana Exploration and Production Ltdとの間で、FPSOの15年間の長期傭船契約を締結し、2017年5月にガーナ沖南西約60キロメートルのOffshore Cape Three Point(OCTP)鉱区において原油生産を開始しており、2018年半ばには本FPSOからガーナ国内向けの天然ガス供給が開始される予定です。

 当社は、2016年度からの5カ年を対象とする中期経営計画「Beyond the Horizon」において、オフショア分野への本格進出を目標として掲げており、浮体式洋上天然ガス液化設備(以下、「FLNG」(※2)のEPCに関しては、既に業界トップクラスの実績を重ねております。加えて、当社にとって初となる今回のFPSO保有・傭船事業への参画を通じ、事業者としての知見やノウハウを獲得することで、FPSO並びにFLNGに関わるEPC、さらにはO&Mサービスといった各事業間のシナジーを実現し、各事業の強化・拡大を図っていく所存です。

 

(※1)Floating Production, Storage and Offloadingの略。洋上で原油・ガスを生産し、生産した原油をタンクに貯蔵し、直接タンカーへの積み出しを行う設備。

(※2)Floating LNGの略。洋上でLNGを生産し、生産したLNGをタンクに貯蔵し、LNG船に積み出しを行う設備。

 

 ■参考

【本事業概要】

FPSOの名称

John Agyekum Kufuor

原油生産能力

58,000バレル/日

ガス生産能力

210百万立方フィート/日

原油貯蔵能力

1.4百万バレル

係留方式

スプレッド・ムアリング(水深約500~1000メートル)

※複数の係留索で船体を固定する多点係留方式。

出資比率

インソングループ74パーセント、共同4社26パーセント

傭船期間

2017年6月~15年間

 

【Yinson Holdings Berhad概要】

1983年設立、マレーシア証券取引市場上場の大手FPSOコントラクター(2017年11月時点FPSO保有基数5基)

本社所在地: KL Eco City, 59200 Kuala Lumpur, Malaysia

事業内容: 油田開発/生産支援含む海洋サービス

                


2017年11月22日

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
インアゴーラ/日中間における新しい商品流通システム「Wonder Japan Cross-Border Syndication」の構想を発表
三菱自動車/軽商用車『ミニキャブトラック』を一部改良
三井物産/パキスタンにおける浮体式LNG受入基地事業へ参画
Packcity Japan/イオン琉球12 店舗へオープン型宅配便ロッカー「PUDO プドー ステーション」を設置
NEDO/福島県とロボット・ドローンの実証に関する協力協定を締結

最新の記事

月別に見る

下記のプルダウンメニューでご覧下さい。

【物流ニュースリリースtop】

物流ニュース検索

「日揮」
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!

イー・ロジットへの資料請求・お問合せ