小田急電鉄/「オープン型宅配便ロッカー」を新たに16駅に設置|物流ニュース、ロジスティクス情報 
TOP物流ニュース物流全般:小田急電鉄/「オープン型宅配便ロッカー」を新たに16駅に設置

物流ニュース

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このサイトを友達に教える
メーラーにより文字化けする場合はコチラをご利用下さい。

小田急電鉄/「オープン型宅配便ロッカー」を新たに16駅に設置

江ノ島線・多摩線でのサービスを開始

「オープン型宅配便ロッカー」を、新たに16駅に設置します。

サービス内容がさらに充実。対応する宅配便サービスを拡充しさらに便利に!

小田急電鉄株式会社(本社:東京都新宿区 社長:星野 晃司)は、宅配事業者の荷物を受け取る ことができる「オープン型宅配便ロッカー(PUDOステーション)」を、2017年11月28日 (火)から、新たに16駅に設置します。今回、小田急江ノ島線・多摩線にも導入することで、 小田急線全線における設置駅は、計24駅(25箇所)となります。 このロッカーは、当初ヤマト運輸株式会社のクロネコメンバーズ会員を対象とし、ご自宅で荷物 を受け取ることができなかった際の再配達先としてご利用いただいておりました。現在では、佐川 急便株式会社やDHLジャパン株式会社の荷物に対応しているほか、日本最大級のファッション ショッピングサイト「ZOZOTOWN」での購入時に、商品の受け取り場所として指定すること が可能となるなど、サービス内容をさらに充実させ利便性の向上を図っています。 この設置拡大は、「鉄道駅等での受取インフラの整備促進」(出典:国土交通省「宅配の再配達の 削減に向けた受取方法の多様化の促進等に関する検討会」報告書〔平成27年10月14日〕) に基づいた取り組みとなります。引き続き、駅の利便性向上に加え、社会的な問題である宅配の 再配達発生による社会的損失への対応に努めてまいります。

(略)

以下、詳細は下記アドレスを参照ください。

「オープン型宅配便ロッカー」を、新たに16駅に設置します。[PDF]


2017年11月21日

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
フェデックス エクスプレス/越境ECの増加が、年末商戦期間のアジア太平洋地域のEC業者と中小企業にとって大きなチャンスに
ホウスイ/川島物流センターを取得
メルカリ/より早く、より簡単にお金に変わる即時買取サービス「メルカリNOW」開始
Hacobu/オンラインで効率的に車両手配を行え、受発注の管理もできる統合管理サービス「ムーボ・コネクト」を提供開始
三菱食品/国内地域子会社6社を吸収合併へ

最新の記事

月別に見る

下記のプルダウンメニューでご覧下さい。

【物流ニュースリリースtop】

物流ニュース検索

「小田急電鉄」
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!

イー・ロジットへの資料請求・お問合せ