物流ニュースLogistics News

「物流ニュース」は、物流関連のニュースリリース/プレスリリースを原文のまま多くの情報をご覧いただけます。

物流ニュース

小田急電鉄/「オープン型宅配便ロッカー」を新たに16駅に設置

江ノ島線・多摩線でのサービスを開始

「オープン型宅配便ロッカー」を、新たに16駅に設置します。

サービス内容がさらに充実。対応する宅配便サービスを拡充しさらに便利に!

小田急電鉄株式会社(本社:東京都新宿区 社長:星野 晃司)は、宅配事業者の荷物を受け取る ことができる「オープン型宅配便ロッカー(PUDOステーション)」を、2017年11月28日 (火)から、新たに16駅に設置します。今回、小田急江ノ島線・多摩線にも導入することで、 小田急線全線における設置駅は、計24駅(25箇所)となります。 このロッカーは、当初ヤマト運輸株式会社のクロネコメンバーズ会員を対象とし、ご自宅で荷物 を受け取ることができなかった際の再配達先としてご利用いただいておりました。現在では、佐川 急便株式会社やDHLジャパン株式会社の荷物に対応しているほか、日本最大級のファッション ショッピングサイト「ZOZOTOWN」での購入時に、商品の受け取り場所として指定すること が可能となるなど、サービス内容をさらに充実させ利便性の向上を図っています。 この設置拡大は、「鉄道駅等での受取インフラの整備促進」(出典:国土交通省「宅配の再配達の 削減に向けた受取方法の多様化の促進等に関する検討会」報告書〔平成27年10月14日〕) に基づいた取り組みとなります。引き続き、駅の利便性向上に加え、社会的な問題である宅配の 再配達発生による社会的損失への対応に努めてまいります。

(略)

以下、詳細は下記アドレスを参照ください。

「オープン型宅配便ロッカー」を、新たに16駅に設置します。[PDF]