国土交通省/近畿圏の新たな高速道路料金導入後の交通状況を公表|物流ニュース、ロジスティクス情報 
TOP物流ニュース物流全般:国土交通省/近畿圏の新たな高速道路料金導入後の交通状況を公表

物流ニュース

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このサイトを友達に教える
メーラーにより文字化けする場合はコチラをご利用下さい。

国土交通省/近畿圏の新たな高速道路料金導入後の交通状況を公表

近畿圏の新たな高速道路料金導入後の交通状況について
~ 新たな料金による、高速道路の交通状況の変化を確認~

平成29年11月21日

  高速道路を「賢く使う」ため、近畿圏の高速道路料金について、新しい料金を本年6月3日より導入し、その交通状況の変化を確認しました。

新たな料金導入後の交通状況
  [1] 新たな料金導入後の阪神高速の交通状況
  ・短距離利用は、約4~6%増加、長距離利用は約0~4%減少
  ・過度な交通集中が生じていた東大阪線において、交通量は約1%減少、渋滞損失時間は約2割減少
  ・東大阪線の短距離利用は約2%増加
   → 並行する一般道において、主要渋滞箇所を含む区間の交通量は約2%減少

  [2] 「経路によらない同一料金」の導入は一定の効果
  ・第二京阪と大阪都心間の利用は約5%増加
  ・守口線の分担率が約2%増加
   → 東大阪線での事故発生時に分担率が上昇
 
  [3] 料金水準の見直しにより、第二京阪道路の利用が増加
  ・第二京阪道路の利用が平均6%程度増加
   → 新名神(城陽JCT・IC~八幡京田辺JCT・IC間)の開通に伴うネットワーク効果により、八幡東~京田辺松井の交通量が14%増加
 


2017年11月21日

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
国土交通省/首都圏の新たな高速道路料金導入後の交通状況を公表
国土交通省/平成29年度 「年末年始の輸送等に関する安全総点検」の取組を実施
三菱食品/国内地域子会社6社を吸収合併へ
中日本高速道路/海老名IC~相模原IC間で昼夜連続車線規制を実施
三菱自動車/軽商用車『ミニキャブトラック』を一部改良

最新の記事

月別に見る

下記のプルダウンメニューでご覧下さい。

【物流ニュースリリースtop】

物流ニュース検索

「国土交通省」
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!

イー・ロジットへの資料請求・お問合せ