商船三井/JERA Trading向け石炭船NAGARA MARU(長良丸)が竣工|物流ニュース、ロジスティクス情報 
TOP物流ニュース物流全般:商船三井/JERA Trading向け石炭船NAGARA MARU(長良丸)が竣工

物流ニュース

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このサイトを友達に教える
メーラーにより文字化けする場合はコチラをご利用下さい。

商船三井/JERA Trading向け石炭船NAGARA MARU(長良丸)が竣工

JERA Trading向け石炭船"NAGARA MARU(長良丸)"が竣工

株式会社商船三井(社長:池田潤一郎、本社:東京都港区、以下「商船三井」)が運航するJERA Trading Pte. Ltd.(社長:Ronan Lory、本社:Singapore)(註1)向け石炭専用船"NAGARA MARU(長良丸)"が11月17日、株式会社名村造船所(社長:名村建介、本社:大阪市西区、以下「名村造船所」)伊万里事業所にて竣工しました。

本船は、商船三井と名村造船所が共同開発し、各種安全・省エネ仕様を採用した最新鋭の幅広浅喫水船型で、特に揚地である中部電力碧南火力発電所(愛知県)への輸送量を最大化すべく、250メートル全長を採用した「碧南マックス」船型です。

商船三井は2015年に同じ船型の「新矢作丸」を同発電所向けに竣工させています。(註2)
「長良丸」の竣工により、2隻の「碧南マックス」船型の運航体制で、中部電力碧南火力発電所向け石炭輸送の中心的役割を担っていきます。

商船三井は今後とも、資源・エネルギーの安定・安全輸送に積極的に取り組んでいきます。

(註1) JERA Trading は中部電力株式会社と東京電力フュエル&パワー株式会社が出資する株式会社JERAのグループ会社として、燃料輸送・トレーディング事業等を担っている。

(註2) 2015年1月22日付プレスリリース
中部電力向け石炭船"SHIN YAHAGI MARU(新矢作丸)"が竣工

【"NAGARA MARU(長良丸)"概要】

全長 : 249.97 m
全幅 : 43.00 m
型深 : 18.70 m
満載時載貨重量 : 91,202トン

2017年11月17日

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
日新/日ラオス視察団 「ビジネス実務研修」を 受け入れ
国土交通省/南部経済回廊の中心にあるカンボジア周辺の物流事業への日本企業の参画を促進するため物流をテーマとしたセミナーを開催

最新の記事

月別に見る

下記のプルダウンメニューでご覧下さい。

【物流ニュースリリースtop】

物流ニュース検索

「商船三井」
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!

イー・ロジットへの資料請求・お問合せ