国土交通省/トラックなどホイール・ボルト折損等による大型自動車等の車輪脱落事故は昨年度56件が発生|物流ニュース、ロジスティクス情報 
TOP物流ニュース物流全般:国土交通省/トラックなどホイール・ボルト折損等による大型自動車等の車輪脱落事故は昨年度56件が発生

物流ニュース

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このサイトを友達に教える
メーラーにより文字化けする場合はコチラをご利用下さい。

国土交通省/トラックなどホイール・ボルト折損等による大型自動車等の車輪脱落事故は昨年度56件が発生

ホイール・ボルト折損等による大型自動車等の車輪脱落事故防止について

平成29年11月14日

 大型自動車の車輪脱落事故防止のため、本日、関係団体に対してタイヤ交換時の適切な作業や日頃の点検における確実な確認を徹底するよう指示しました。

1.事故発生状況(詳細は別紙1参照)
 平成28年度の大型自動車(車両総重量8トン以上のトラック又は乗車定員30人以上のバス)のホイール・ボルト折損等による車輪脱落事故の発生件数は56件(うち人身事故は3件)で、前年度に比べ15件増加しています。特に、11月から3月に36件(全体の約64%)発生しており、大型自動車の車輪脱落事故は冬期に発生する傾向にあります。
 
2.車輪脱落事故防止に係る関係団体への要請
 国土交通省では、本日、関係団体に対して大型自動車等の車輪脱落を防ぐため、タイヤ交換及び日頃の点検において以下の4点を徹底するよう要請しました。(要請文は別紙2参照)
 
 [1]規定のトルクでの確実な締め付け
 [2]タイヤ交換後、50~100km走行後の増し締め
 [3]日常(運行前)点検での確認
 [4]専用ボルト及びナットの使用
 
 なお、上記については、(一社)日本自動車工業会においてチラシ(別紙3)等により自動車使用者等に対して周知しております。
 

添付資料

報道発表資料(PDF形式)PDF形式

別紙1(PDF形式)PDF形式

別紙2(PDF形式)PDF形式

別紙3(PDF形式)PDF形式


2017年11月14日

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
国土交通省/第18回北東アジア港湾局長会議および 第18回北東アジア港湾シンポジウムを開催
サンリツ/自動ロボット制御ピッキングシステム「AutoStore(オートストア)」を導入
日本貨物鉄道/平成32年3月の竣工にむけて「東京貨物ターミナル駅高度利用プロジェクト」が始動
エバラ食品グループ /新「栃木物流センター」を建設
東京デリカフーズ/東京FSセンターにおける 「FSSC 22000」の認証を取得

最新の記事

月別に見る

下記のプルダウンメニューでご覧下さい。

【物流ニュースリリースtop】

物流ニュース検索

「国土交通省」
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!


イー・ロジットへの資料請求・お問合せ