レンゴー/金津2号抄紙機 ライナ併抄化改造設備が竣工|物流ニュース、ロジスティクス情報 
TOP物流ニュースSCM・製造拠点:レンゴー/金津2号抄紙機 ライナ併抄化改造設備が竣工

物流ニュース

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このサイトを友達に教える
メーラーにより文字化けする場合はコチラをご利用下さい。

レンゴー/金津2号抄紙機 ライナ併抄化改造設備が竣工

2017年11月14日

金津2号抄紙機 ライナ併抄化改造設備竣工のお知らせ

レンゴー株式会社(本社:大阪市北区、会長兼社長:大坪 清)は、金津工場(福井県あわら市)において、段ボール原紙生産設備(抄紙機)を中しん原紙専抄設備からライナ原紙も併抄可能な設備への改造工事を進めておりましたが、このたび竣工いたしましたのでお知らせします。
今般改造では、併抄化に加え、原紙の品質を大きく左右する原質工程(古紙パルプの精選工程)も一新し、より一層の品質向上を図るとともに、環境面からニーズの高まる段ボール原紙の薄物化に対応し、省エネ・省資源を徹底した最新鋭の抄紙機へと生まれ変わりました。
当社グループでは、現在国内6工場で段ボール原紙を生産していますが、5工場に集約する生産体制再構築を進めており、今般改造はその一環として実施したものです。集約化により製紙工場全体の稼働率を向上させるとともに、ライナと中しんの需給バランスも改善され、製紙部門の事業基盤はより強固なものとなります。
金津工場をはじめ当社グループは福井県内に多くの工場を有しますが、今般改造を機に、引き続き、福井県経済のさらなる成長をパッケージングで支えるとともに、雇用の促進をはじめ地域社会の発展に貢献してまいります。

金津2号抄紙機ワイヤーパート

●金津2号抄紙機ワイヤーパート

 

金津2号抄紙機ワイヤーパート

●リールパートから抄紙機前方を望む

ライナ併抄化改造設備の概要

工場名

レンゴー株式会社金津工場(福井県あわら市自由ヶ丘1-8-10)

対象設備 2号抄紙機(併抄化改造工事)
抄造品目 段ボール原紙(ライナ、中しん)
型式

長網 1層+オントップ2層(合計3層抄き)

製品取幅 4,500mm
坪量範囲 ライナ 100~210g/㎡、中しん 90~200g/㎡
最高抄速  1,000m/分
平均日産量 ライナ 930t/日(中しんの場合 810t/日)

2017年11月14日

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
三井金属/キャリア付極薄銅箔の生産体制を追加増強
三井物産/パキスタンにおける浮体式LNG受入基地事業へ参画
マーケットエンタープライズ/新拠点・札幌リユースセンターを開設
丸全昭和運輸/働き方改革がスタート
レンゴー/タルタニパックへ資本参加

最新の記事

月別に見る

下記のプルダウンメニューでご覧下さい。

【物流ニュースリリースtop】

物流ニュース検索

「レンゴー」
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!


イー・ロジットへの資料請求・お問合せ