日本郵政/郵便・物流事業セグメントの経常収益は前年比235億3900万円増(平成30年3月期 第2四半期(中間期)決算短信〔日本基準〕(連結))|物流ニュース、ロジスティクス情報 
TOP物流ニュース決算短信:日本郵政/郵便・物流事業セグメントの経常収益は前年比235億3900万円増(平成30年3月期 第2四半期(中間期)決算短信〔日本基準〕(連結))

物流ニュース

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このサイトを友達に教える
メーラーにより文字化けする場合はコチラをご利用下さい。

日本郵政/郵便・物流事業セグメントの経常収益は前年比235億3900万円増(平成30年3月期 第2四半期(中間期)決算短信〔日本基準〕(連結))

平成30年3月期 第2四半期(中間期)決算短信〔日本基準〕(連結)

単位・百万円  

          経常収益    経常利益    中間純利益

30年3月期中間期 6,379,601 △2.7  420,698 38.7   180,118 20.3

29年3月期中間期 6,557,792 △6.8  303,227 △35.9  149,725 △29.9

(注) 包括利益 30年3月期中間期 360,017百万円( -%) 29年3月期中間期 29,465百万円( -%)

(略)

(1)経営成績に関する説明

当第2四半期連結累計期間の経常収益は、郵便・物流事業セグメントが910,621百万円(前年同期比23,539百万円 増)、金融窓口事業セグメントが677,938百万円(前年同期比8,946百万円減)、国際物流事業セグメントが342,804 百万円(前年同期比33,875百万円増)、銀行業セグメントが977,308百万円(前年同期比43,087百万円増)、生命保 険業セグメントが4,054,859百万円(前年同期比279,018百万円減)となったことなどにより、連結経常収益は 6,379,601百万円(前年同期比178,190百万円減)となりました。また、経常利益は、郵便・物流事業セグメントが 37,126百万円の経常損失(前年同期は40,834百万円の経常損失)、金融窓口事業セグメントが24,202百万円の経常 利益(前年同期比1,093百万円減)、国際物流事業セグメントが1,204百万円の経常利益(前年同期比394百万円 増)、銀行業セグメントが257,224百万円の経常利益(前年同期比44,747百万円増)、生命保険業セグメントが 168,869百万円の経常利益(前年同期比60,981百万円増)となったことなどにより、連結経常利益は420,698百万円 (前年同期比117,470百万円増)となりました。 以上の結果、連結経常利益に、価格変動準備金繰入額等による特別損失、契約者配当準備金繰入額等を加減した 親会社株主に帰属する中間純利益は、180,118百万円(前年同期比30,393百万円増)となりました。

(略)

タイトル:2018年3月期 日本郵政グループ 第2四半期(中間期)連結決算の概要

日本郵政株式会社

日本郵政グループの2018年(平成30年)3月期 第2四半期(中間期)連結決算を取りまとめましたので、別添のとおりお知らせいたします。

以上


2017年11月14日

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
東京汽船/経常利益は前年比13・7%減(平成30年3月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結))
デリカフーズ/子会社が平和島センターを開設
国土交通省/宅配ボックス設置部分の容積率規制の適用を明確化
丸全昭和運輸/働き方改革がスタート
三井倉庫ホールディングス/中期経営計画2017を策定

最新の記事

月別に見る

下記のプルダウンメニューでご覧下さい。

【物流ニュースリリースtop】

物流ニュース検索

「日本郵政」
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!


イー・ロジットへの資料請求・お問合せ