デリカフーズ/子会社が平和島センターを開設|物流ニュース、ロジスティクス情報 
TOP物流ニュース物流不動産・施設:デリカフーズ/子会社が平和島センターを開設

物流ニュース

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▼このサイトを友達に教える
メーラーにより文字化けする場合はコチラをご利用下さい。

デリカフーズ/子会社が平和島センターを開設

当社連結子会社の平和島センター開設に関するお知らせ

当社連結子会社であるデリカフーズ株式会社(代表取締役社長:大﨑善保、本社:東京都足立区)は、 このたび平和島センターを開設することといたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。

1. 平和島センター開設の経緯と目的

当社グループでは、今後の更なる成長を遂げるため、第三次中期経営計画「Next Change 2020(次 なる変化)」を策定し、平成 29 年2月に公表いたしました。 中期経営計画では、「経営基盤の改革」、「成長基盤の構築」、「研究開発部門の強化」を基本方針に 掲げております。 このたびの平和島センターの開設は、中期経営計画の事業戦略の一環として、大田市場との連携 による調達力の強化、青果物流通における独自のインフラ構築等を目的としております。

2. センターの概要

名 称 :デリカフーズ株式会社 平和島センター

所 在 地 :東京都大田区平和島 6-1-1 東京流通センターA棟1階 (約 318 坪につき賃借契約をしております。)

業 務 内 容 :青果物の入出荷及び仕分業務等

業 務 開 始 日 :平成 29 年 12 月1日

3.業績への影響について

本センター開設に伴う当期連結業績(平成 30 年3月期)に与える影響は、現時点におきまして 軽微であると見込んでおります。今後、業績に重要な影響を与える事項が生じた場合には、速や かに開示いたします。


2017年11月13日

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
アークス/子会社ユニバースの商品部の中から物流部門を独立
日本郵政/郵便・物流事業セグメントの経常収益は前年比235億3900万円増(平成30年3月期 第2四半期(中間期)決算短信〔日本基準〕(連結))
東京デリカフーズ/東京FSセンターにおける 「FSSC 22000」の認証を取得
トヨタ自動車/「ピクシス バン」をマイナーチェンジ、「ピクシス トラック」を一部改良
SBSゼンツウ/難民雇用事業所として表彰

最新の記事

月別に見る

下記のプルダウンメニューでご覧下さい。

【物流ニュースリリースtop】

物流ニュース検索

「デリカフーズ」
10,000人が登録しています!! 物流の差で売上を上げる最短の方法は、他社の事例を学び続けること!

毎日あなたのお手元に最新の物流ニュースや、読み物、セミナー情報を無料でお届けいたします。
今すぐご登録下さい!


イー・ロジットへの資料請求・お問合せ